楽天送料無料について いつから? 3月18日開始 3980円以上送料無料化問題

ネットビジネス
スポンサーリンク

今日は楽天について書きたいと思います。

私も昔楽天に出店していました。
利益率はそこそこあったのですが、マジで儲かりませんでした。

なぜかというと・・・

楽天利用料が高すぎるからです。

これから楽天に出店しようとしている方は参考にしてみてください。

私は楽天運営は2年ほどブランクがあり、
もしかしたら間違った内容をお伝えしているかも知れない場合があるので
あらかじめご了承ください。

あと文章を書くのが苦手で誤字脱字等多く、伝えたいことが伝わらず、
間違って伝わってしまうこともあるかと思いますのでお許し下さい^^;

では行ってみましょう。

楽天3980円以上送料無料

3月18日から楽天内の商品(3980円以上)が店舗負担で送料無料になることが決定したそうです。

購入者側にとっては便利かもしれませんが、出店側からすると
送料分を出店者が負担すること、利益が更に削られることになってしまいます。

私の会社では3980円以上の商品に限らず、販売価格から全品送料を上乗せして全品送料無料!にすることになりました。

販売価格が送料分が上乗せされて表示される分、少し高く感じてしまうかもしれません。
確かに送料無料なんですけど^^;

出店者で儲ける

楽天のビジネススタイルは「出店者からお金を儲ける」ことにあります。

出店料やロイヤリティ、アフィリエイト料、クレジットカード手数料、FTP利用料などなど、
商品が売れても利益が残らないので出店者を苦しめます。

さらに楽天には「罰金制度( 違反点数制度 )」があります。
詳しくはググって見てください。

これまでも楽天のガイドラインには様々な細かなルールや決まりがありましたが、ルールに違反した場合、違反点数が加算されるようになりました。

気になる違反点数は、1月1日にリセットされる年間積算制で、違反レベルが5段階で設定されており、それぞれペナルティが用意されています。

例えば違反レベル1になる35点になってしまうと、
・7日間のランキング掲載制限、検索表示順位がダウン、一部媒体掲載制限、
・違約金10万円といったペナルティが課せられてしまいます。

さらに違反レベルが5に達すると
・56日間のランキング掲載制限、一部媒体掲載制限、R-Mail利用停止・サイト自体の28日間一時改装中処理
・違約金300万円と大変厳しいペナルティが用意されています。

ec Market

そして今回の送料無料問題。

このような楽天側に都合のいい規約ばかり、
一体誰が楽天をビジネスをしたいと思うのでしょうか?

楽天自体が儲からなくなるともちろん出店者も苦しくなります。
もしあなたがこれからビジネスを始めるのであれば

人のプラットフォームに頼ったビジネスは危険!である!

ということを覚えておくと良いでしょう。

例えばアマゾンの場合、アマゾンは出店者に厳しいので急にアカウントを停止されることもあります。

Paypalの場合、急に売上金(保留金)を没収された!という話も聞きます。

Youtubeの場合、いきなり広告が剥がされてしまうこともあるようです。

対策

対策はいろいろあるのですが、1点だけお教えしたいと思います。
この方法はとても簡単です。

人のプラットフォームでビジネスをするのは危険なので、楽天1店舗で稼ぐ!というのは危険です。
店舗は複数あった方が良いでしょう。

どこの店もやってるだろ!と思うかもしれませんが、
やっていない店、意外とあるんです。
例えば楽天に出店してるけどヤフーショッピングにはしていない、というお店。

もし楽天の売上がガタ落ちになってしまった場合、ヤフーショッピングやアマゾンで
売上があればまだマシです。

そして会社経営は「少数精鋭」でなければなりません。
遊んで仕事をせず成果を出さない人はリストラしましょう。
私はそのような人と仕事経験があるのですが、必ず「会社の害」になります。

今の時代、個人の収入源が複数なければ苦しいように、
会社の収入源も、もちろん複数なければなりません。

もし現在、あなたが楽天1本で出店しているなら、ネット店舗を増やしてみてはいかがでしょうか?

そして、楽天やヤフーショッピングなど「モール」に属さない「自社ECサイト」を持つことをおすすめします。
「自社ECサイト」は楽天のようなおかしな規約変更は殆ど無いように思います。
そして利用料もモール出店と比べてかなり安いです。
そのかわり「集客力」がモールと比べて弱いですが、この部分は「日々の勉強」でカバーすることができます。

話は変わりますがさいごに

これからは「少数精鋭」の会社が会社を継続していくことができます。
ネット通販も同じです。
会社に利益があったとしても、仕事をサボってたりしている人は簡単にリストラされます。
AIの普及により、スキルの無い社員は「AI」に仕事を奪われます。
このAIは「安い費用で24時間働かせ放題の社畜」です。
経営者は
「病気をしたり文句を言ったりする社員」
「保険料も人件費も高い社員」
を雇いたいとは思わないでしょう。
既に年功序列は崩壊しており、成果主義の時代がもう来ています。

そして先ほど少し「日々の勉強」について触れました。

今の時代、「毎日勉強しない人」は稼いでいくことはできません。
人は学校を卒業すれば勉強を止めてしまいます。
日本の社会人の平均勉強時間は、1日あたりわずか6分です。
※総務省が行った平成28年社会生活基本調査の結果

新しい知識を身に付けるために勉強をして実行していくことが稼ぐことのできる人です。
時代の流れに合わせて、新しい知識を身につけて実行するから稼げるんです。

そして私が「応援したい」「関わりたい」と思う人は、
個人でも稼げるくらいに頑張ろう!と勉強したり、やる気のある人です。

会社で無駄な仕事を断れない人ほど残業をし、遅い時間に帰宅。
帰って夕食、そして寝る、翌朝出社。
仕事後は飲み会で浪費。
週末の休みはストレス解消のために遊んで浪費。
勉強や副業をするヒマなし。
あなたはこのような生活になっていませんか?

私の場合、徹底的に無駄を無くして仕事をして定時に退社。
無駄だと思った仕事は基本無視します。
帰宅後は副業をして読書をして勉強しています。
もちろん飲み会は断ります。
週末の休みも副業、ストレス解消のための浪費はしていません。
本を買ったり、ビジネスのためにお金を使う「投資」をしています。
自分で言うのも何ですが、これが稼げるスタイルの一部です。

稼ぐことができれば、稼ぐことは楽しいです。

ですのでみなさんも「昨日の自分より賢くなる」を小さな目標にして
毎日少しづつ積み重ねていきましょう。

生活や仕事のスタイルを変えると自分の時間を作ることができますので、
是非一度チャレンジしてみてください。

さいごに・・・
このブログはいつも話が脱線します、良くないんですけどね^^;

ここで書いたこと、また別のタイトルでブログに書こうw