自動車販売とカー用品の販売がオワコン化する理由 (MAAS:読み方はマース) サブスクリプション

ネットビジネス
スポンサーリンク

私はドライブレコーダーのネット通販の経験があり、2017年頃は飛ぶようによく売れていれていました。
当時は12800円でも飛ぶように売れていましたが、最近その商品ページを見ると4000円くらいまで値下がりしています。
今現在ではおそらくドライブレコーダーを安売り販売する業者が増えすぎてしまい、売上がいろいろなて店舗へ分散してしまい、ドラレコ1個あたりの利益は減っているでしょう。

ですがネット通販での「ドライブレコーダー」というキーワード検索はまだまだ上位です。

そして車の自動運転も数年後には始まり、ドライバーが不要になり職を失う人もでてきます。

今日は
・カー用品の販売オワコン化
・自動車販売オワコン化
この2点についてお教えします。

物を所有する価値がなくなる

まずは物の所有価値に関して説明します。
数年後には「物を所有する価値」がなくなります。
ですが「サブスクリプション」という定額制のビジネスが急速に拡大しています。

他のサブスクの例として・・・
現在adobeのフォトショップはサブスクで月間or年間契約です。
けっこう前までフォトショプは「CD」を購入してインストールする形式でした。
価格も10万とか高かったんですよ。

ビジネスが成功する1つとして「毎月一定額お金が入ってくる」ビジネスがあります。
これがサブスクです。

ジムの月額会員やスキーへ行った時のスキー用品、毎週食パンを届けるサービスなど、たくさんサブスクビジネスがあります。

スキーを楽しみたくて何万円も出してスキー用品を購入、結果1回しか使わない。
これってすごく無駄遣いですよね。
現地に行ってスキー用品をレンタルしたほうがお得です。

タイムズのカーシェアが普及しているように、車の所有価値がなくなってきています。
会員になって月額を支払い、いつでも好きな時に3時間パックや6時間パックなどで車を借りることができます。

物を所有する価値がなくなってきているのがよくわかりますよね。

MAAS

MAASという新たな移動サービスのビジネスを知っていますか?
MAASとは?
モビリティ・アズ・ア・サービス。
これは電車、バス、タクシー、車などの移動が全て定額制で乗り放題になるサービスです。
現在はICカードもいろいろあり、決済が散らばっていてめんどくさいですが、
MAASはスマホ一つで全ての移動手段を手配。
これは便利ですよね!

ビジネスの視点から見ると、先ほど説明したようにMAASは
「毎月一定額お金が入ってくる」 ので成功できるビジネスです。
どんどん企業も参入してきています。

ですがデメリットもあります。
それが次の項目です。

カー用品と自動車販売

定額で車が乗り放題になるということは、マイカーを持つ人が減ります。
つまり「車」が売れなくなります。
そうなると
・自動運転によりタクシー運転手やバス運転手のリストラ
・自動車教習所の教官リストラ
・運送業者のドライバーリストラ
・自動車販売業者の倒産

そしてマイカーが不要となると、
・マイカーに使うカー用品が売れなくなる
・洗車グッズなどが売れなくなる

自動運転が普及しても「自分で運転するのが好きだ!」という人もいると思うので、
全て自動運転になる!ということはないと思うのですが、
自動車に関するビジネスは衰退していく業界もあるということです。

さいごに

人がマイカーを必要としなくなるので、もちろん自動車販売やカー用品の販売は衰退していくと予想されます。

カー用品を販売している会社は取り扱い商品によってはサブスクで生き残ることもできるかもしれません。

ビジネスは稼げるときに稼ぎましょう。
そして会社の業績が芳しくないとき、また新たなビジネスを考えて稼ぎましょう。
衰退していくと分かっている、それは逆に今のビジネスを見切りやすく、新しいビジネスにシフトするタイミングでもあります。

これを経営者が分かってないと・・・。

ですので稼ぐ人や稼げる人は毎日勉強をしているのです。

私が以前働いていたブラック企業はいつまでたっても衰退していく業界で働いていまいた。

・未だレザー小物を仕入れて強化?
・当社の弱点であるズボンを強化?
・一年中在庫処分?
↑勉強してないのが見ててわかる
もうなんというか・・・w

能力のない上司の下で働くことや、稼げない業界に努力を注ぐほど時間と労力の無駄なことはありません。

あなたの会社の社長は勉強家ですか?