PRオプションは効果ナシ? ヤフーショッピング 一律料率設定は無駄

ネットビジネス
スポンサーリンク

過去記事をもっと完結にまとめた内容とまります。

今日はヤフーショッピングの「PRオプション」についてお話したいと思います。
※PRオプションとは何か?の説明は今回省かせていただきます。

ヤフーショッピングでネット通販を運営しておられる方、
ストア担当者から「PR7%一律設定してください」と言われたことはありませんか?
ヤフーショッピングはこのPRオプションというロイヤリティでお金を回収したいのだと私は思っています。

「PRオプションなんか効果ない」「効果あるよ」といろいろ聞きます。
結論から言うと「PPオプションは無駄」です。
※ あくまで私の検証結果なので、取り扱いジャンルによって結果は異なることもあると思いますのでご了承ください。

もちろん「PRオプションの効果的な使い方」もあるので、これは次回お話します。

PRオプションは出店したばかりの新規店舗の場合は効果が実感できる場合もありますが、売り上げが伸び悩む時期は必ずきます。
あなたのストアは効果を実感できていますか?

私もヤフーショッピングの経験があったのですが、PRオプションは無駄だと思った理由(検索に話を絞って)を話していきたいと思います。
※私が販売していた商品のジャンルは伏せさせていただきます。
ちなみに、衰退していく業界でした。

7%にしたところで

私は元々「PR一律1%設定」にしていました。
そして担当者に「PR一律7%設定してください」ということをよく言われていました。
おそらく私だけでなく他の店舗さんにも同じように言っていると思います。

PR1%から7%に設定したところで、本当に検索上位に表示されていますか?
「7%」の群れへ入っていったところでそんなにアクセス数は伸びません。

検索で圧倒的にみられるのは1ページ目です。
高いPRオプション一律設定をしても、見られる率の下がる3ページ目以降に表示されている商品は、無駄だと思っています。

無理やり上位表示させたところで

PR料率30%で検索上位に表示させたところで
「商品に魅力がない」
「誰も求めていない商品」
だと、もちろん売れるはずがありません。

例えば検索した時の「おすすめ順」。
「ビッグキーワード」で検索した場合、販売実績の少ない商品や
レビューのない売れてなさそうな商品ばかり並んでいませんか?
おそらくPR料率を高く設定して上位表示させているのだと思います。
そして「売れている順」に並べ替えてみてください。
レビューがたくさんついている販売実績のありそうな商品が多数出てきます。
売れている商品こそ、お客さんにおすすめ商品なんじゃないですか?ヤフーさん。
PRオプションで強引に上位表示させた商品がおすすめ?

つまり、どんなにPRの料率を高くしても売れない商品は売れません。

アクセス数と転換率

私の場合、PRオプションを7%に設定するとアクセス人数は多少伸びましたが、転換率が下がりました。
もちろん、PRを1%にするとアクセス数が多少減り、転換率が上がりました。
何度もPRオプションの効果検証をしましたがいつも同じ結果になっていました。
つまりこれは魅力のない商品をどんなに上位表示させても、アクセス人数は増えても購入にまでは至りません。

そして値下げ競争と同じで、PRでも「料率競争」なるものが起こるのでは?

利益を削る

商売をしている人なら誰でもわかることですが
・利益率の高い商品を売ると儲かる
・薄利多売は危険
・値下げで売上アップは誰でもできる
・いずれセールをしても売れなくなってくる
・客質の低下(クレーマー)
・割に合わない従業員の給料
・会社継続の危機

PRオプションの一律設定。
PRを設定しなくても売れていて利益もガッツリ取るAという商品があるとします。
そしてBCDEFG・・・というセール価格にしてもなかなか売れない商品があります。
PR一律設定でBCDEFG・・・ の検索順位を上げるために、
売れているAという商品を巻き込んで利益を削ってしまい、
PRオプションという無駄な広告費を使ってしまいます。

これは非常にもったいないですよね。

ではどのようにPRオプションを活用すればいいのかを、次の記事で書いていきたいと思います。

さいごに・・・

担当者は大抵凡人です。
担当の言う通りにして成功するなら皆やってます。
自分なりの運営方法を見つけて利益をだして運営していくことが大事です。