結婚はOKだが子供を迎え入れるのは生活が安定してから

知っててお得?
スポンサーリンク

皆さんは何歳に結婚しましたか?
または何歳に結婚をする予定ですか?

私は25歳の時に結婚をしました。
そして私の妻はガンのため、闘病生活はもう10年ほど続いており、子供はまだいません。

そんな私が思う、結婚や子供を迎え入れるタイミングについて書いていきたいと思います。

私について

結婚は別に20代でしてもいいと思っています。
私がそうしました(笑)

結婚して、務めていた会社が倒産する前に転職、いろいろあって自営業を開始。
妻がガンになったり、私が重病で閉業をして超低収入になったり、波乱万丈の人生。
底から努力で這いあがってきました。

つまり、「家族(妻)を守る」という意識が強かったのでしょう。
かなり昔、結婚前の独身時代、ぶっちゃけると「親の金を頼ろうとした」ことが一瞬だけありました。
これって恥ずかしいことですよね。
今は180度別人ですが(笑)

結婚をすることにより家族(妻)を守ろうという意識が強くなったのだと思います。
私は妻には働いてほしくないという考えを持っています。
おそらくそう考えている人はたくさんいると思います。
けど、何人の人ができているでしょうか?
私はやりたい仕事を見つけ、好きなことで努力し、現在に至ります。

妻はガンなのですが、妻の希望でアルバイト(5時間程度)をしています。
なぜか?
一日中家にいることは身体に良くないからです。
アルバイト先に友達がおり、平日や休日に友達と遊んだり旅行へ行ったりと、毎日を楽しんでいます。
このことがとてもプラスに働いていると、私は思っています。
ガンは3C期と、末期の一歩手前で見つかり、5年生存率も低かったのですが、
10年たった今でも元気にしており、通院はしていますが、
ガンは今のところありません。
私だけのチカラではここまで生存できていなかったと思います。

それでも私は今も妻には働いてほしくないと思っているので「無理しないように」
よく声をかけています。
そして、私は最低6500万は稼ぎたいと思っており、そのなかの数千万は失ったガンの治療費です。

私の中の絶対、それは「週に1日は家族(妻)と必ず遊びに行く」です。
稼ぐためだと言ってずっと働いてばかりいるのは絶対によくありません。
もちろん残業もしません。
日本の「働きまくって残業ばかりする」というスタイルは私には合わないんです。

若い時に結婚をするのであれば、「妻をできるだけ楽させてあげよう」とその覚悟はありますか?
私はこうして生きてきました、そして今も同じです。
あくまで私の価値観です(;^ω^)

こどもを迎え入れるタイミング

こどもを迎え入れるタイミング、結論からいいます。

「自分自信しっかり稼げるようになって、貯金も貯めて生活が安定してから」

産まれてくる子供のことを想うなら、
まず「自分自身にある程度余裕」を作りましょう。

昔私が重病で入院した時、貯金があまりなく、不安を感じていました。

お金がないうえに、稼ぎが減ったからです。

私は現在稼げています。
ですので心の余裕もあります。

つまり貯金があると生きていく安心感があります。

貧乏時代の私は真逆です。
何かイライラしていて不安、心の余裕はありませんでした。
これはよく言われていることなのですが、「貧乏人は犯罪予備軍」です。
明日を生きるために、たった1万円のためだって強盗をしてしまいます。
私の良心が負けることはありませんでした。

そして、こどもを迎え入れると、もちろんお金もかかります。
ちなみに子供を育てる教育費
幼稚園から大学までこども1人
ずっと公立:約1080万円
ずっと私立:約2980万円

前項目で書いた「妻を楽にさせてあげよう」という覚悟とは別に、
子育てにも覚悟が必要です。

私の価値観では、「できちゃった婚」とか理解できません。

こどもができると転職をするのも難しく、教育費、食費、交通費などその他諸々出費が増えます。

そして私は子供を育てるために教育費をケチってはいけないと思っています。

例えば読書から学ぶことが多いのに、こどもが本を欲しいと言っても買ってあげることのできない環境。
これは良くないです。
何か知識を得るために支払うお金(投資)は将来役に立ちますので、あまり無駄遣いをするのはお勧めできません。

お金があることにより、家族や稼いでいる自分自身にも心の余裕ができ、よい生活を送れると思います。

つまりこういうことです。

この世のほとんどの悩みはお金で解決できます。

私が昔勤めていたブラック企業は「人の役に立って稼ぐ」というより「自分の生活のために稼ぐ」というほうが優先されていました。

結果、会社の業績は右肩下がり。

またまた話が脱線してしまった部分がありますが、今日はここまで!