ブラック企業の辞め方 辞めたい人 辞められない人 退職しよう!

仕事関係
スポンサーリンク

みなさんの会社はブラック企業ですか?
私の会社はもちろんブラック企業です(笑)

よくSNSで「ブラック企業はすぐに辞めましょう」というツイートを見かけます。
ですが中にはやめることのできない人もいます。

ではどのような人が辞めることができないのか、そして辞めるにはどうすればいいのかを書いていきます。
あくまで私個人の考えなので、あまり深く追求しないでください^^;
よろしくお願いします。

すこしキツい内容も書いていますが、前向きに捉えてください^^;

ちなみに「私の周りで会社を辞めた人は皆なんとかなってる」というツイートを見たことがありますが、なんとかなるのはごく当たり前です(笑)
再就職出来る人はできる、フリーで頑張る人は頑張る、生活保護を頼る人は頼る。
なんとかなります。

ブラック企業を辞め、そのなんとかより良い物にするためには、覚悟も必要です。
自分の勤めているブラック企業の不満や文句、愚痴を書いてネガティブになっている人は、
覚悟も稼ぐための努力も勉強も、何もせずに周りに甘えてばかりのようにも思います。

厳しいことを書きましたが、一度自分を見つめ直してみませんか?
30歳すぎると再就職が厳しいなどと過去の人は言いますが、そんなことはありません。
現に私はアラフォーですが、最近簡単に転職しました。
本当に自分の人生を変えたいのであれば、自分自信最大限の努力をし、結果や業績を作りましょう。
そして自分自信を褒めて自信をつけましょう☆彡

努力は最低限、甘えは捨てましょう。
稼げる人は皆努力をし、徐々に努力をしなくても稼げるようになってきます。

人間は群れると人頼みになり思考停止します。
もしあなたが群れの中にいるのであれば、今すぐ群れから抜けましょう。
群れは「共感」の集団であり、いろいろと自分自信の成長の妨げとなります。

既婚の人

どのような人がブラック企業をすぐに辞めることができないのか?
既婚で家族がいる人ですね。
独身のメリットとして、基本自由に行動できるので、稼ぐことにおいても有利です。
既婚で子供がいると教育費、生活費、家賃などいろいろ支払わなくてはならず、簡単に転職はできません。
結果、「失敗するのが怖い」ので現状維持をしてしまうんです。
現状を変えなければ未来は何も変わらないのも確かです。

ではどうすればいいのか?
方法は2つあります。

副業

ブラック企業を辞めたいのであれば、副業で成功しましょう。
自分の得たスキルや経験を全て自分のために活かすと、全て自分に戻ってきます。
副業が成功した状態でブラック企業に勤めると、いろいろと余裕です(笑)

副業が成功するタイプと失敗するタイプがあります。
「今日から副業解禁!やるぞー!」という人は失敗します。
「副業が禁止されてるけど副業する!」という人は成功する可能性があります。

会社に秘密で就職活動

会社に退職届を提出してから就職活動をすると、もしなかなか再就職できなかったら生活費を稼ぐことができません。
雇用保険で数ヶ月は生活費は大丈夫だと思いますが、不安と共にしながら生活しなければなりません。

ですので会社に秘密で就職活動をすることをおすすめします。
面接後に採用され内定が決まれば退職届を提出すればいいんです。

私が勤めているブラック企業は「雇用契約書」と「就業規則」がないので、退職届を提出してから2週間後に退職することができ、これは法的にも何の問題もありません。

次の就職先が決まって退職届を提出すれば、スムーズに次の職場で働くことができます。

ですが内定をもらったからと言ってすぐに退出届けを提出するのは止めましょう。
新しい勤務先の「労働条件」を確認し、雇用契約書を必ずもらっておきましょう。
面接時の内容と実際に雇用された時の条件が違っていれば、必ず問題がおきます。

私の場合は「年収」「勤務時間」「休日」など、面接時に話した内容と異なっていたので、雇用契約書にサインをする前に訂正するように伝えました。

就職活動では雇用契約書を確認するまで注意しておきましょう。

再就職が厳しい人

どのような人がブラック企業をすぐに辞めることができないのか?
「スキルがない人」
「会社の愚痴を言ってばかりで実行しない人」
「集団行動で人任せの人」
「自分で努力しない人」
です。

少し厳しいことを書きましたが、心にグサっときた人は今一度考え直してみてください。
行動しなければ何も変わりません。
何か変えようとするには勇気も必要です。

私は昔は「稼げない人」であり、既婚にもかかわらず生活保護を受けなければ生きていけないくらいまで底に落ち、そこから努力で這い上がってきました。
もちろんネガティブで愚痴ばかり言ってました(笑)

どうやって這い上がったのか?
・愚痴を止めてネガティブにならない
・一心不乱に努力する(スキルアップ)
・昨日の自分より賢くなる

そして稼いでいる最近は
・読書
・成功者から学ぶ
・伸びてる業界で稼ぐ
・自分の時間を大切にする

自分を守るのは自分、もちろん自分を変えるのも自分なんです。

稼ぐことは90%以上の人が諦めています。
稼げるようなるまでのハードルがあまりのも高すぎるから、皆諦めるんです。
ということは稼ぐ競争は90%以上の人と戦わなくて済むから勝ちやすいんです。
そして「年収1000万」という数字はそれほど高くはありません。

自分自信への甘えを捨てて、今一度頑張ってみてください。