ブラック企業の社長の特徴/末路 こんな社長はダメ ブラックな経営者

ブラック企業体験談
スポンサーリンク

■社長の人間性 社員との関係 こんな社長はNG ブラック企業

会社という組織で働くには「チームワーク」は欠かせません。
いろんな価値観を持った人間が集まる職場、管理職というのは従業員をまとめなければなりません。
そのために「就業規則」など、会社内のルールはある程度決めておかなければなりません。
「自由すぎる会社」は上手く経営できません。
ある一定のルールを決めなければ、従業員全てが自由に行動してしまい、団結してまとまることは一生ありません。
それがモロに会社の業績に影響します。
つまり「代表者」の能力が会社の業績に影響します。

と、「チームワーク」が苦手で群れを嫌う、1人で稼いでいく一匹狼タイプの私が言うのもなんですが・・・(笑)

今日は代表者や管理職がとってはいけない行動をまとめてみました。
これは現在、私がリアルに体験している出来事です(笑)
今回も反面教師として学んでください。

ちなみに私が勤めている会社は、社長が社員を疑って、社長専用の監視カメラが取り付けられているブラックすぎる会社です(笑)

挨拶をしない社長

流石に代表者(雇われ社長)が従業員の挨拶を無視するのはよくありません。
私の事を嫌っているという態度がモロに現れています。

悪口を言ってきた人に対して悪口で返すように、もしこちらも挨拶をせずに無視をすれば、これは相手と同じことをしているため、自分の評価を下げる行動となってしまいます。
私が挨拶しなくなると、彼と同じになってしまうので挨拶を続けます(笑)

ですので朝の挨拶は絶対にするようにしましょう。
※当たり前のことですが^^;

俺ほのうが偉いと思ってる社長

年功序列が生み出した結果です。
「勤続年数が長い方が偉いし、給料が上!」という考え方は今後崩れていきます。(と思うw)

あくまで私の考えですが、
本業+副業で従業員に副業でも稼いでもらったほうが、会社的には助かります。
「副業をする!」ということは「自分の身は自分で守る」という表れでもある思ってます。
副業で得た知識を本業で活かす、その逆もアリです。
従業員の副業を許可することにより会社と従業員、両者ともにメリットがあります。
稼げる者同士が絡めば稼げる情報を共有できます(たぶんw)
そして副業を許可する会社は増えてきているように思います。
「成果を出す」ということは「稼げる実力がある」ということです。
なんでもかんでも「独学」や「1人で行動」したりすると失敗しやすいです。
ですので、稼ぐことにおいては実力のある「仲間」が、ある程度必要なんです。

もし日本の社会が成果主義であるなら、やる気のある若者が勝ちます。
年功序列で仕事のできるオジサンであり若者に指導できる人ならいいですが、
仕事のできない役職にこだわった利益を生み出さない邪魔な人は会社には要りません。
もし会社が倒産して再就職するとなったら、このような人は若者に負けます。
利益を生み出さないということは、言うまでもなく「無駄な人件費」です。
仕事ができる人間が良い仕事に就いていく時代です(たぶんw)
成果主義は厳しいですが、努力をして勝つことができれば、稼ぐことができ、人間的にも成長しています(たぶんw)

そして私は、副業でも頑張っていこう!と、何かしら頑張ろうとしている人を応援していきたいです。

「貧乏家族は次の世代も繰り返す」と言われていますが、決してそのようなことはないと思ってます。
それは「同じレベル」の人と関わり続けるからそうなってしまうのでは?と思ってます。
「成功している格上の人」や「読書」でいろいろなことを学ぶと、稼げるヒントを得ることができます。
あとはそこに努力を注ぎましょう。

あ”ーーーーーー!
また話が脱線したwwww

代表者という立場を利用して「俺のほうが偉い」と態度や言動に表している人はたいしたことないです。

余談ですが、ぶっちゃけ日本の政府も成果主義であるべきかな?
国会中継で昼寝をして収入を得ている人は・・・です。

忙しいが正義の社長

雇われ社長はいつも「忙しい!忙しい!キミの4倍は忙しい!」と言っています。
忙しいのが正義なの?って思います。

大した成果のでない仕事を詰め込んで忙しい忙しいって・・・。

私が思う忙しいほどするべきことは・・・。
・忙しい理由を考える
・それに対して効率化を考える
・定時に仕事が終わるように努力する
・思い切って定時に帰る
・スケジュール管理を徹底する
・日々勉強する
・徹底的に無駄な時間を消す(減らすのではない)
・明日やることは今日しない

パっと思い浮かんだのでこれだけあります。
考えればもっとあるかもしれません(^_^;)

私は過去に365日働き続けてたことがあります。
今思えば「別に休日は仕事しなくていいじゃん」って思います。
確かに忙しかったですが、仕事はできてました(笑)
ジャンルは同じネット通販なのですが、
この雇われ社長と私の違いは間違いなく「効率」だと思ってます。

忙しい人の気持ちはわかりますが、忙しい!は「自分への甘え」だと捉えます。
忙しいならどうするべきか?
まずは自分で答えを探してみましょう。
そして人に相談するのもアリです。

忙しいを理由に急に態度を変えたり、人に八つ当たりすることは止めましょう。
これは代表者でなくても同じです。

働いてくれている従業員の事を愚痴る社長

ダメ社長の発言、従業員の愚痴や文句を平気で言います。
こんな人についていきたいですか?
人間は生きていたら必ず愚痴を言います。
私も愚痴はありますが、愚痴をみんなが見ている前で言ってしまうと、自分の評価を下げます。
何か不満があるのであれば直接本人に言えばOKです。

ということで、私は雇われ社長に直接不満をぶちまけました
ですが、人を変えることは不可能です。
そしてお約束の気持ちや感情の話をしてくる・・・という結果になりました。

会社内で起きていることは社長の責任であり、従業員が変わってしまうのも社長の責任です。
会社は社長そのもの・・・。
と、私は思っています。

社員を大事にしない社長は最低です。

ちなみに私は、愚痴は過去と比べるとかなり減りました(笑)
ネガティブな性格だったんですが、できるだけポジティブになり愚痴を減らすと随分とラクになりました。
毎日快適☆彡

見捨てられる

何度も書いていますが、有能な社員はその会社で得るものがなくなれば去っていきます。
そして「社長や管理職」がレベルアップして稼げる人間にならないと、無能な従業員だけが残ります。
※一部例外あり(ブラック企業を利用する人等)

私が現在勤めている会社の将来性はありません。
衰退していく業界で未だ努力を注いでます。
そして何が今後伸びていく業界なのか、きっとわかっていません。
もしわかっていても、その業界で稼いでいくだけの知識とスキルはありません。
よって5年以内に倒産します。

これから社会に出ようとしている学生さんは、
「伸びている業界」を調べて、そこで稼げる知識とスキルを身につけて就職することをお勧めします。
前回のブログでも書きましたが、プログラマーがオススメです。
独学しようとすると9割は挫折するそうなので、プログラムを学ぶ場合は必ず学校へ通って覚えましょう。
PCを使った職業は今後稼げます。
スキルを習得するなら今ですよ!

ちなみに衰退していく業界はいろいろありますが、「小売」「ファッション」は特におすすめできません。

自分の人生が成功するかどうかは「稼いでいく業界」「会社選び」「関わる人間」で大体が決まってしまうと思っています。

まとめ

ブラック企業を相手にすると「助けてあげよう」という気持ちになることはありません。
それは「従業員」をコキ使う態度が丸見えだからです。
ブラック企業を抜け出す方法は、自分で稼いで生活できるだけのスキルを身に付けることです。
そうすると、仕事は選べるので、ブラック企業なんて怖くありません。

ブラック企業の社長の末路、人がどんどんと離れていき、最後は倒産してしまう可能性大です。

人の失敗を見て学ぶことは非常に大事です。
このブログのブラック企業に関する記事では「人の失敗」がよく書かれていますので、
あなたが同じ誤ちをしてしまわないように、参考にしてみてください。

もしあなたが経営者を目指しているのであれば、今日の記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?
これ重要ですが、決して愚痴を書いているわけではありません(^_^;)
反面教師として学んで役立ててほしいから書いています。
少しキツい文章を書いてしまったりしますが、大目に見てくださると幸いです。

テキストは感情がないので伝わりにくいです。
私が思っていることは全て正しくお伝えすることはできません。
最も良いのは、あなたと直接会ってお話できることです(^_^;)

ですので気軽な気持ちでブログを読んでください。