無能な上司の下で働くのはストレス 経営者自身が無能だという自覚症状なし

ブラック企業体験談
スポンサーリンク

■口だけ上司が嫌い!上司が無能だとどうなる? なぜ無能? 特徴など

会社経営の業績は代表者で98%は決まってしまうと言われています。
私が現在勤めているブラック企業の代表者は「無能」です。
そして無能な代表者に関わると自分の貴重な時間を無駄にしますので転職をおすすめします。
昇給などなく、一生安月給でしんどい思いをして働くことになります。

私の経験上の話ですが、これからの会社経営は「経営者がデキる人」でないと生き残るのは難しいと思っています。
経営者が無能であり、なんでもかんでも人任せだと無駄な人件費を使います。
そして部下が有能になればいつまでも無能経営者の下で働くことはありません。
経営者が無能であれば、会社に残る部下も無能であることは間違いありません。
そして無能同士で群れ、一生しんどい思いをして一生を終えます。

経営者はある程度なんでも自分でできる、つまり自分1人でも稼いでいけるスキルと営業力を身に付け、自分にできない事は必要な時に外注(クラウドソージング等)を利用すれば人件費を抑えることができます。
会社経営で利益を出すには「どれだけ無駄な固定費を削減できるか」というのが重要になってきます。

今日は代表者が「無能」であるとどうなってしまうのか、私が勤めるブラック企業を例に書いていきます。

注意
内容上、ちょっと愚痴っぽいかもしれません、もしそう感じてしまったのならすみません。
愚痴は自分自身の評価を下げる行為、私は愚痴るつもりはないです(^_^;)
無能上司の下で働いて感じたことを正直に書いています。

会社選びの参考として読んで役立ててみてください。

営業力がない

冒頭にも書きましたが、会社経営の業績は98%は「社長」で決まってしまいます。
社長に営業力がなければ部下のスキルを活かすことはできません。
つまり、稼ぐことのできる仕事がなければ、
部下は稼げない仕事に努力を注ぐことになり、どんなに頑張っても給料は上がりません。

私は「稼ぐことのできない無駄な仕事」ばかりさせられています。
ですので自分で「伸びてる業界の副業」で稼ぎ、副業1年目で本業の年収を簡単に超えました。

伸びてる業界で努力、衰退していく業界で努力、圧倒的な差が生まれます。
もしあなたが社会人になる前であれば、前者の伸びている業界で稼げるスキルを身に付けることをおすすめします。
もし私が18歳だったら、確実に「プログラマー」を選んでいます。

「プログラマー」になりたいのであれば、「学費」をアルバイトで稼ぐのはやめましょう。
学費をアルバイトで稼ぐ時間はもったいないです。
学費は誰かに借りる(借金)し、すぐにプログラマーになった方が、すぐに借金を取り戻せます(たぶんw)

つまり、借金する覚悟がある人は稼げます。

と、いつもこのブログは話が脱線してしまいます、すみません(笑)

話をもどしますね。

営業力のない無能な上司と毎日時間を共有することは、自分の人生も巻き込まれています。
部下は上司を選べません。
ですので自分自身で生きていくスキルを身に付けて稼いでいきましょう。

部下の仕事を管理できない

指示をする側の上司(管理職)が部下の仕事を理解していないとどうなるのか?

●この作業は大体○時間くらいで終わるだろう
この場合、部下はサボり放題です(笑)
私の会社の別の社員はおそらくサボっています(笑)
管理職である上司が部下を管理できないのはどうなんだろうか・・・。

逆に管理職が「俺この仕事忘れてたら教えて」と言ってきます。
忙しいのは理解できるのですが、仕事のできる人間は忙しい時でも徹底して自分の仕事の管理が出来ていると私は思っています。
よって忙しいを理由にする上司は無能です。
そして、このような人と口論をすると必ず「感情論」を言ってきます。
相手が気持ちのことで反論してくたら、相手は「言い返せない不利な状況」にあります。

●この作業はいつも簡単にやってるから楽勝だろう
こう思われると部下は非常に腹が立ちます。
時間をかけて丁寧にした仕事も簡単に思われる。
実際に社員が言っていましたが、
「仕事速くしたら仕事がどんどんこっちに回ってくるからゆっくりやろう」ということになってしまいます。

部下に強く言えない

私のひとつ上の上司は我流です。
ネット通販の運営なのですが、どのように我流かというと・・・
・品番を合わせない
・値下げで売上を伸ばす
・広告費を使って集客
・私のSEOとデザインを丸パクリ
・他社のモデル画像を無断使用

これって利益を無視した店舗運営であり、人を雇わなくてもできます。

雇われ社長
雇われ社長

あいつは我流やけど実績出してくるから、俺からは強く言えない

いやいやいや、代表者が無能だから部下に強く言えないんですよ(笑)

我流は成功しません。
我流を認めてしまっているので、この会社に成功はありません。

基本プラス応用でガッチリしている私のスタイルとは真逆で、会社は我流を好んでいます。
つまり「凡人は天才(私)を殺す」です。

カプコンの小野さんだったかな?
「スト5を開発したい」というと99.9%反対されたそうです。
ですがどうでしょうか?
eスポーツも盛り上がり、成功しています。
と、少数の天才は大多数の凡人の多数決などにより、殺されてしまいます。
凡人は共感性で評価されます。

有能な社員が辞める

部下が上司や代表者より仕事ができるようになると、稼げない上司の下で働くことは時間の無駄です。
有能な部下は「この会社で得るものがなくなった」と感じれば辞めていきます。
会社に残るのは「無能」だけとなってしまいます。
そしてそのような会社には将来性はありません。

経営者はデキる人であり、有能な部下に「この経営者にならついていってもいい!」
と思わせるほど魅力がないと、会社の経営は難しいと思っています。
カリスマ性ですね。
経営者が無能だと、有能な部下はみんな辞めていくじゃないですか。

サラリーマンは現代の奴隷です。
ですが、もし私が経営者になれば、「従業員を幸せにしたい」という感情が出てくると思います。
従業員は私のために時間を使ってくれるので、私も頑張らなければなりません。
雇った人を不幸にするのがブラック企業です。
雇われた従業員が有能であれば、ブラック企業を上手く利用することを考えるかもしれません。
いまの私のように・・・(笑)

まとめ

このブログはよく話が脱線します(笑)
勢いに任せて思いついたことをその場その場で書いています(笑)

あくまで私の経験上の話を書きました。
私の上司は雇われ社長なのですが、無能な彼の下で働いていて思っていることは・・・。
・得るものがない
・本業は時間の無駄
・仕事がなくてヒマすぎる
・5年以内に倒産する
・仕事のできない年功序列、この人再就職厳しいだろうな

そしてあくまで私の推測です。
伸びている業界で稼いでいる経営者は稼ぎ方を知っており、
そんな会社で働くと稼ぐためのノウハウや仕事の効率化を学ぶことができると思います。
やっぱり就職をするなら「伸びている業界」ですね。