サラリーマンは負け組で低年収、だから副業がおすすめ!人生逃げ切ろう!

仕事関係
スポンサーリンク

皆さんはサラリーマンですか?
私もサラリーマンです。
サラリーマンは「負け組」です。
まずはこの現実をしっかりと受け止めましょう。

スラムダンクの安西先生は「諦めたらそこで試合終了ですよ」という名言を残しています。
稼ぐことにおいて殆どの人は諦めて遊んでいます。
これって逆に考えると「ライバルが少ない状態」でもありますので、勝てる確率が非常に高いです。

「じゃあどうすればいいのか?」を前向きに対策していきましょう。
ここで書く「本業」はサラリーマンです。

サラリーマンは損をしている

サラリーマンの給料は毎月税金を天引きされた手取りの額を受け取っています。
給料を会社から受け取るということは、自分で税金を操ることができないんですよ。
全てバカ正直に税金を支払っています。

もし個人事業だった場合は月給というのがなく、年に一度の確定申告で税金を操ることができるので、自分の手取りが増えます。
このことに関しては後ほど詳しく書きます。

本業で得た知識を副業に活かす

会社員として働きながら副業をするのは、サラリーマンが金持ちになれる良い方法です。

脱サラ⇒独立起業という方法もありますが、必ず成功するとは限りません。
「絶対成功する!」という気持ちも大事なのですが、それ以前に「稼げる技術やノウハウ、営業力」がしっかり身についてから会社を辞めないと、どんなにやる気があっても失敗します。
やる気や気持ちだけではどうにもなりません。

「ブラック企業はすぐに辞めましょう、なんとかなります。私の身の回りの人もなんとかなっている。」というインフルエンサーのツイートもよく見ます。
この「なんとかなる」のはごく当たり前のことであり、あくまで独身であるその人の成功事例です。
ですが家族がいる方、家族が持病を持っている方は、そんなに簡単に会社を辞めることははできないと思います。
社会保険の部分で助かっているのも事実です。

「なんとかなる」というのは、「生活保護」をもらうことも含まれています。
ブラック企業は辛いですが、そこで必死になって知識やスキルを得た状態で会社辞めると、この「なんとかなる」が良い方向へ向かいます。
結局は本人の努力です。
そしていつかはあまり努力しなくても稼げるようになってきます。

本業をしながら知識を得てスキルを磨き、それを副業で活かす方法がおすすめです。
そうすると副業で得た知識やスキルも、本業に役立てることができます。

「ブラック企業が辛い!」という人はもっと「自分のため」に頑張ってみませんか?
社員として年収500万(残業代込み)の人。
社員として年収400万+副業100万稼いでいる人。
お得なのは後者です。
その残業時間を自分の副業の時間に当てることにより、税金でお得になります。

副業のメリットは税金を操れることにある

会社員が副業で稼ぐメリットは大きいです。
先ほど書きました、
社員として年収500万(残業代込み)の人。
社員として年収400万+副業100万稼いでいる人。
がそうです。

サラリーマンで得た給料は副業をする資本金として使うことができます。
例えば、サラリーマンはパソコンを買ったらそれでおしまいですが、パソコンを使う副業で稼いでいるとパソコン代が経費になります。
副業で稼いだ売上から経費を差し引いた利益から支払う税金が決まるので、どう考えても本業+副業していたほうがお得です。
副業をすると
「青色申告65万円の控除」
「家族への専業者給与での節税」
というメリットがあります。

YouTuberであればカメラ代や動画編集ソフト代が経費にできます。
コスプレイヤーで収入がある人は衣装代。
ですが公私混同には注意してください(笑)
もし税務調査が来たら、説明をして相手を納得させることができればOKです。

税務調査は売上の大きい企業へ入りやすく、年収1000万以下は相手にされないと思います。
税務調査は「売上の大きい企業」から取った方が、税務調査の効率がいいんです(笑)
もし確定申告が間違っていて税務調査が来ても、間違っていた分の税金を払えばOKです。

本業+副業でお得なことは他にもあります。
副業部分に社会保険はかかりません。
これは「家族に持病を持っている人がいる」ととても助かります。
私の妻は癌ですが、「医療費」の面でのメリットが大きいです。

家賃や電気代の面でもお得です。
ざっくりですが、家全体100%として、仕事で使う部屋の広さが50%だったとします。
家賃が10万円だった場合、仕事で使う部屋は半分の5万円なので、仕事部屋を経費にできます。
副業用にインターネットを使うのであれば、その費用も経費にできます。
電気代もあると思うのですが、公私混同は禁止なので、電気代の○%は経費として予め設定しておき経費にします。

まとめ

これらが本業+副業で稼ぐことのメリットです。
これからは企業して人を雇う!という時代ではありません。
自分でできることは自分でやり、自分のできないことは外注をするスタイルが最も経費を削減できます。

もしあなたが副業をしたいのであれば次のような会社を選びましょう。
・通勤時間が無駄なので、ある程度安月給でも家から近い会社
・残業時間が少ない会社
・社会保険、厚生年金、雇用保険などの福利厚生のある会社(当然ですがw)

確定申告は必要なのになぜ学校で教えないのか?というツイートを見たことがあります。
それは「サラリーマンに税金を納めさせる」ためです。
節税の知識がなければ必ず損をします。
ですので私を含む負け組のサラリーマンは副業をすることをお勧めします。
少しでもお役に立てればと思い、今回の記事を書きました。
一度しかない人生ですので、頑張りましょう☆