効果的な褒め方!ほめるテクニック!言葉選び!実践してみよう!

仕事関係
スポンサーリンク

皆さんは「褒められると伸びるタイプ」「怒られると伸びるタイプ」のどちらでしょうか?
私は「褒められると伸びるタイプ」だと思ってます。
というより「怒られる」のが嫌いです(笑)
おそらくプライドが高いのでしょうΣ(゚д゚lll)
ですが「怒られる」ことにより伸びることもありました。
もしかしたら怒られると伸びるタイプなのかもしれません(笑)
人によるかもしれませんね^^;

今回は「褒めて伸ばす方法」について書いていきます。
指導する側の人は是非参考にしてみてください。

勘違いさせる指導者

例えば陸上競技の100m走を例にしてみましょう。
選手がいつも100mのタイムが13秒で伸び悩んでいたとします。
毎日努力を積み重ねても13秒というタイムを更新することができません。
ですがある日タイムが12.5秒に記録更新!
努力してやっと結果がでた瞬間です☆彡

実は指導者は「わざと」ストップウォッチを使って記録更新できるように時間を操作しています。
よーい、どん!とスタートする0.5秒前にストップウォッチを押し、ゴールしたらストップウォッチを止める。
そうすると記録更新です。

こうすることにより選手のモチベーションが高くなり、チートをしなくてもグングンタイムが伸びていきます。
やがて「勘違い」させることなく、やればやるほど結果を残します。

これが「自己暗示」です。
「俺はすごい!俺はやればできる!」と思うことはポジティブであると言えます。
「相手を良い意味で勘違いさせ、自己暗示させる」
是非一度試してみてはいかがでしょうか?
ゲームで子供をフルボッコにすると大人げないので、負けて喜ばせてあげましょう(笑)
格闘ゲームならバレないようにわざと負けてあげるのもGOODです(笑)

格闘ゲームであれば強くなればなるほど結果が残せて楽しい。
勉強であればいい点が取れれば取れるほど更なる高みを目指す。
稼ぐことにおいても同じだと思います。

これが会社の場合、部下のやる気を引き出せない上司は・・・です。

ほめ方にもいろいろある

社長
社長

永井くんすごいなー!さすが!やるやん!完璧やん!

私はまったく嬉しくありません。
なぜならこの言葉の裏側は「もっと利用してやろう」です。
そして、そういう人(素人)に限って私のスキル(プロ)をまったく理解できていません。

ではどのような褒め方が良いのか?
これをやるだけでまったく印象が異なります。

社長
社長

商品の特徴をしかっかりと捉えてわかりやすいようにチラシのデザインができている。このキャッチコピーは商品の魅力を引き出していて購入に繋がりそうだね。この装飾、細かいところまで作りこまれていて時間かかったでしょ、お疲れさん!

どこがすごいのかを褒めることにより、印象が良くなります。
是非一度お試し下さい。

本人のいないところで褒める

これは「陰口」の逆です。
またまた会社を例にします。

直接本人に褒めるのではなく、違う人にその人の良いところについて話します。
例えば私が直接Aさんを褒めるより、Bさんに「Aさんってすごいよねー」と褒めることにより、Aさんが「私がAさんを褒めていた」と知ったらとても嬉しいですよね?

人の良い所を話す噂話は全体にプラスに働きます。

ちなみに私の勤める会社は会社の愚痴、芸能人の愚痴ばかり雑談してます(笑)
そのようにならないように注意しましょう。
私のブログは反面教師として学んでほしいことを書いているので、すこし愚痴っぽいですが(笑)
ブラック企業の失敗談を読んであなたが失敗を回避してくれたら、それでいいんです(^_^;)

怒られて伸びる

逆に「怒られて伸びる」人もいるように思います。
ただし注意が必要です。
「怒り」は「ネガティブ」でもあります。
褒めることも忘れてはいけません。
「アメとムチ」ですね。

人は怒られ続けるとネガティブになりストレスになります。
人によっては鬱病になったり、自殺したり・・・。

怒るのはいいのですが「自分のストレス解消」のため八つ当たりして怒鳴るのは最悪です。

私のブラック企業を例にすると・・・。
上司が部下を怒鳴り続けると「本音」を言わなくなります。
「コラァ!なんでミスってん!思ってる事言え!」
言うと更にヒートアップするので言えません。

怒鳴ることは時間の無駄、ミスった理由も聞き出せず、なんの改善もできません。
あなたの上司は怒鳴ってばかりいませんか?

自分で自分を褒める

大人になると人から褒められることは少なくなります。
私は時々、自分で自分のことを褒めています。

「自分よくやった!次も頑張れ!」
こうすることにより、少なくとも心はポジティブに働きます。
自画自賛、自己満足でもいいんです。

もしあなたが辛い思いをしているなら「自分で自分」を褒めてみてください。

まとめ

今日は褒め方について書きました。
・勘違いさせる
・細かく何が凄いのかを話して褒める
・本人のいない所で褒める
・自分で自分を褒める

このブログはその時思いついたこと書いていますので、よく論点がズレます(笑)
いや、ダメだと思うんですが、まぁ、許してください((((;゚Д゚))))