本業+副業で稼ぐメリット

ネットビジネス
スポンサーリンク

私はブラック企業で働いています。
もちろん昇給など無いので自分で副業をして本業以上に稼いでいます。
会社が家の近所ということもあり、通勤時間は殆どありません。
平均的な通勤時間は往復で1時間~2時間ほどだと思います。
私は残業をしませんので通勤時間が無い分、副業や運動に時間を使うことができます。

今日は「本業+副業で稼ぐメリット」について書きます。

信用がある

正社員として働くことは個人の信用が高くなります。
つまり「住宅ローン」「自動車ローン」「クレジットカード」などお金にまつわることの審査に通りやすくなります。
会社勤務だと安定した収入があるからです。
これが個人事業だと信用度が低いので審査が厳しいです。

現在正社員で物件の購入予定があり、将来フリーとして働きたい人は、まず不動産を購入してから会社を辞めましょう。

余談ですが「住宅ローン控除」というのがあるので、これは絶対に申請しておきましょう。
将来、不動産を購入したい人はチェック必須、知らないと損です。
ググれば出てきます。

またまた余談ですがこの機会に(笑)
携帯電話や光熱費といった支払いを滞納ばかりしていると、金融機関が共有しているブラックリスト的なものに名前が載るので「信用」を失い、クレジットカードを作れなくなったり、ローンの審査に通らなくなったりします。
万が一そのようになってもちゃんと滞納なく支払いを続けていればブラックリストから名前が外れるらしいです。

社会保険

会社に勤めると「社会保険」、個人事業だと「国民健康保険」に加入することになります。

会社に勤めるメリットは「社会保険の方が安い」ということです。
これは癌を患っている私の妻にとってはありがたいことです。
高額医療制度もあるので、是非申請しましょう。

例えば、都内に住む40歳の両親と小学生も子供の3人家族の場合、
国民健康保険の保険料は月約3万円前後。

社会保険の保険料は月約2円前後(同じ家族構成で両親のどちらかが会社員)
となり、社会保険の方が保険料が少なくなります。

また、社会保険であれば、扶養家族が多くても保険料は同じです。

国民健康保険の場合は扶養家族が多いと、それだけ保険料も増えます。

働く側からすると、社会保険の保険料は半分を会社が負担してくれているわけですから、その点からもお得と言えるでしょう。

国民健康保険ガイド

副業に役立つ

本業で得た知識やスキル、その能力を自分の副業で活かすと収入を倍にできます。
このように稼いでいるケースでは、「本業」がとても役に立っています。
なぜか?
「本業」を辞めるということは、様々な有益な情報を自ら絶つことになり、その情報を副業に活かすことができず収入が減ってしまう場合もあるからです。

個人1人では得られない有益な情報は「本業」をしていることで得られる場合もあります。
だからといって本業で得た情報をそのまま副業に使って会社の業務や業績を妨害させることはしてはいけません(笑)

会社を辞めても「稼ぐノウハウ系のオンラインサロンに入会して勉強する」という方法もありますが(^^ゞ

節税できる

副業をすると必ず「経費」が必要になります。
法律では年間20万以上稼ぐと確定申告をしなければなりません。

例えば、副業でネット通販をしているので商品買い付けのために商品を探しに海外出張。
この交通費は経費で落とせます。
更に副業で使うパソコン代、携帯電話やネットの通信費、フォトショップ月額利用料なども経費で落とせます。

もし本業だけをしていた場合、全てバカ正直に税金を取られます。
節税する方法はたくさんあります。
どれだけ節税できるか?収入を増やすために必要なことです。

確定申告、基本は自己申告なので納得できるような説明ができるよう準備しておけばOKです。
調べたところ、税理士さんによると9割近くの人が完璧な確定申告をできていないらしいです(笑)

ですのでなんとか副業で年20万以上稼ぎ、本業で得た給料を副業で使い、収入を増やして節税しましょう。

余談ですが、副業が会社にバレない方法があります。
副業がバレるケースとして「住民税を会社が払っている」があります。
副業で年収が上がると住民税も上がります。
住民税が高くなれば会社側は「怪しい」と思います。
どうればいいか?

もし会社に聞かれた場合、

私

家族から詳しく知らされていないのですが、親戚?家族?が亡くなったため、それが遺産か何なのか知らないのですが、毎月父親からお金を受け取っているので副収入があります。

と言えば良いと、とある不動産屋に教えてもらいました(笑)

会社は家族のことまで調べたりしません。
確かに(笑)

まとめ

と、本業+副業をすることにより、いろいろなメリットがあります。
収入源が2つあることにより、急に片方なくなってしまっても1つ残れば安心です。

将来フリーとして働きたい人は以下のことに注意です。
会社を辞めて自営業で失敗する人は「スキル不足」という場合があります。
まずは個人でも稼ぐことのできるスキルやノウハウを身につけてから会社を辞めることをおすすめします。

日本人の殆どが「安定」を求めています。
つまり「会社で一生懸命働いても給料は同じ」「サボっても給料がもらえる」という理由から努力することをしません。
長く会社に勤務した人が偉い「年功序列」社会なんです。

ですが令和の時代は本業+副業が当たり前になります。
そして実力のある者が間違いなく稼いでいきます。
不景気で業績悪化、年功序列で偉そうにしている上司はどうなるかというと、今までサボってたのでまともに仕事ができず、そして解雇となり職を失います。
再就職は厳しいですね。
いい思いをすべきなのは、将来性があり頑張っている若者です。

日本の政府その物が「年功序列」「実力主義」ではありません。
ですので国民が納得する実績なんて殆ど無いように思います。
良い日本の将来像は見えますか?

生き残る良い1つの方法として、「海外移住」があります。
若いうちに稼ぎ、人生早めにセミリタイヤして海外移住もアリです。
私は視野に入れています。

なんかいろいろ書きすぎました(笑)