時間に余裕を持って仕事しよう

仕事関係
スポンサーリンク

時間に余裕を持って働くことは重要です。
今日は時間に余裕がないとどうなるのか?
そしてその対策を書いていきます。
※納期ギリギリに追い込まれて仕事ができる人もいますが、万が一体調不良で納期直前に倒れてしまったら迷惑をかけるのでおすすめできません(^^ゞ

あくまでネット通販の仕事をしている私が編み出した、実践しているオリジナルの方法です(笑)
過去にも似たような記事を書いていますが、気にしないでください(笑)

感情のないテキストだと思っていることを上手く伝えられなかったり、言葉足らずで誤解されたりするケースが非常に多いので、軽い気持ちで読んでください(^_^;)

時間に余裕のない人

時間に余裕がなくいつも残業している場合は次のことを意識してみましょう。

効率

「何の仕事」に時間がかかっているのかを知り、作業時間の短縮ができるように「効率よく」働くにはどうすればいいのか考えてみましょう。
例えば、エクセルでいつも時間がかかっている作業がもっと効率よくできないかどうかを考え、一括作業ができるようになれば作業時間の短縮はできます。
もちろん最初だけ新しい知識を覚えるために関数を調べて勉強します。
時間がかかるのは最初だけであって、1回覚えたらあとはずっと一括作業ができるため、効率よく仕事ができます。

スケジュール管理

依頼された仕事や自分の仕事を全て覚えておくのは不可能です。
1つ依頼が増えたら1つ依頼を忘れてしまいます。
ですので、エクセルやメモ長で「やることリスト」を作成しましょう。

優先度(高)⇒納期が近く、いますぐやらなければならない
優先度(中)⇒まぁまぁ急いでいる
優先度(低)⇒特に急がず、いつやってもいいい
とこのようにやることリストに自分の仕事内容をメモします。

出社してまず最初にやることは、8時間勤務の中で仕事が完了できるように、3つの優先度から作業内容を選んで今日一日のスケジュールを立てます。
イレギュラーに対応できるように余裕を持って7時間で仕事が完了するようにスケジュールを組むのもアリです。

仕事の効率化については詳しく記事にまとめていますので、こちらをご参考ください。
https://nagaiblog.jp/2019/09/19/job-skill/

焦って失敗する

納期に追われるように仕事をするとミスをしてしまいがちです。
私はこのように仕事をするのが苦手なタイプです(^_^;)
このような状況が続くとストレスを感じてしまいます。

仕事を依頼されたとき、相手は「納期」を言わないことががります。
その依頼された仕事をしていなかった場合、「まだ終わってないんか?」と言われてしまう場合もあります。
ですので私は「いつまでにやればいいですか?」と必ず確認をしています。

「○月○日まで」と回答がきます。
私は納期より2日~3日早く仕事を完了させています。
そうすることにより、依頼された側の仕事が早くすすむ場合もあり、効率よく仕事ができます。

楽天の広告入稿でよくありました。
入稿締切は今日の正午まで!って、残り1時間しかないじゃないですか((((;゚Д゚))))
お昼休みは?(`・ω・´)
今でもこんな感じなのだろうか?

焦って仕事をするとストレスが溜まる上にミスも増えるので、余裕を持って仕事をしましょう。
私もガンガン仕事を依頼されますが、前項目に書いたことを実践しているので、毎日定時に退社しています。
余裕です。

相手に迷惑をかける

時間に余裕を持って仕事ができないと、ミスが起こりやすくなり、周りに迷惑をかけてしまいます。
ミスする⇒迷惑をかける⇒怒られる⇒凹む⇒またミスする・・・の悪循環。

例えばバナー制作の場合、時間に余裕があれば自分で誤字脱字やデザインの確認作業ができ、ミスを最小限に抑えることができます。
自分で確認作業をしてもミスをしてしまうことはあります。
バナーを作ってから2~3時間後、もう一度自分の作ったバナーを見るとミスを発見することがあります。
自分のミスはなるべく自分で見つけたほうがいいですね(・∀・)

時間に余裕を持って仕事をすることをおすすめします。

細かい作業を先に終わらせたい場合

「どんどん仕事が増えて終わらない!」という人もいると思います。
そんな時こそ「スケジュール管理」です。
どんどん仕事が増え、やることリストの仕事が埋まってきたら、仕事が多く感じてきます。
「この優先度(高)の仕事今日中むりだなぁ」と感じたら、優先度をひとつ下げて(中)にします。
納期にまだ余裕があるのであれば、優先度を下げればいいんです。

そして優先度(高)にできた作業時間に優先度(低)を詰め込み、細かい作業を一気に終わらせます。
やることリストの作業リストが減ったら、スッキリします(^O^)

まとめ

時間に余裕を持って働くとストレスが感じにくくなります。
ストレスがある場合、はイライラしたりミスを連発したり、残業をしてしまったりと生産性が下がります。

過去に面接で

面接官
面接官

ウチの会社は20時21時までみんな残業してがんばっている、この近辺まで引っ越せる?

と言われたことがあります。

( ゚д゚)ポカーン

もちろんお断りしました。

もしあなたが時間に追われるように仕事をしているなら、いちど働き方を見つめ直してみてはどうでしょうか?

AI化が進み、デジタル社会でいつまでもアナログオンリーだと淘汰されます。(※仕事による)
ですので今からで少しづつでも勉強していきましょう(´▽`)
学校の勉強ではないので、稼ぐための新しい知識を得る勉強はプラスになりやすく、収入にも直結します。
※学校の勉強を全否定しているわけではありません(^_^;)

私の上司(雇われ社長)はネット通販の仕事をしているのですがエクセルを使えません。
これはWebデザイナーがHTMLを知らないのと同じです。
代表者の能力はモロ会社に業績として表れます。

デジタルな仕事をしていてアナログ的なスキルばかり持ってる従業員のいる会社は、非効率だらけなので非常にマズいです。
報告書をメモ帳で作ってました(笑)
と、私が今の職場を見て思うことです。