ネット通販の仕事は覚える事が多すぎる?

ネットビジネス
スポンサーリンク

私はネット通販の仕事をしています。
ふと思ったのですがネット通販の仕事、「この仕事、覚えること多すぎない?」
どんだけ一人でマルチに対応しなきゃいけないんだ?と思ってます(笑)

そりゃ人手不足でしょう(笑)

売上の少ない会社だと少人数制なので、いろいろなことをやらされますΣ(゚д゚lll)
そこそこ売上のある中小や大手はちゃんと仕事の分担ができているように思います。

バイヤー業務

当たり前ですが、ネットショップを運営するには商品が必要です。
バイヤーと言われる仕事ですね、主に経営者の仕事になります。
低価格で仕入れができるように仕入れ先と交渉もします。
最低ロットが500個とかザラにあるので、売れない商品を500個も仕入れてしまったら不良在庫になり、資金の回転率が悪くなります。
売れそうな商品を探し低価格で仕入れて利益の出るように売る、大事なポジションです。

接客業務

私は接客が苦手であることを会社に伝えていますので、接客系はノータッチです。
ですが自営業時代はもちろん接客もしていました。
ネット通販の接客、相手の顔は見えないのですが、以下のような仕事をしています。

・電話対応(クレーム対応含む)
・メール対応(クレーム対応や質問の返信など)

クレーム対応はセールを開催した際によくあります。
低価格を求める客を相手にするとクレームが入るのはネット通販に限ったことではなくよくあります。
メール対応は返品交換依頼、質問の返信、もちろんクレーム対応もあります。

受注を見てて思うのが、「50歳前後に理不尽なクレーマー」が多いですΣ(゚д゚lll)
あと商品説明を読まずにクレームを入れてきて悪い評価をつける人もいますね。

ですので私には接客業は100%向いてません(^_^;)
私が接客業をするとクレームが増えること間違いありません(笑)

受注・出荷・検品

主に受注担当者ですが、仕入れ商品が届いたら納品された商品の数が正しいかチェックして棚に置きます。
朝と昼に注文情報を取り込み、納品書や送り状を作成し、ピッキングをします。
その後、出荷担当が商品の検品をして問題がなければ梱包します。

納品書を入れ間違えて送ってしまうと個人情報の流出になります。
出荷が発送ミスをすると受注がクレーム対応をします。
受注は精神的にもキツいポジションですね。

楽天スーパーセール時の出荷量は爆発的に増えますので、大変です。
そうなると発送ミスが増えてしまいます。
利益のないセール⇒発送ミス⇒クレーム対応
このクレーム対応、何時間も時間を費やすので、人件費を考えると利益が削られていきます。

全て梱包が終われば佐川急便に集荷依頼をして発送してもらいます。
ですが「集荷は18時まで」などタイムリミットがあるので、セールの際の出荷は時間に追われながら梱包をするので大変です。
「あす楽」という翌日配達の設定をしていると絶対に遅れることはできません。

逆に注文件数が少ない時はめちゃくちゃヒマです(笑)

棚卸業務

棚卸は現在会社が抱えている在庫数と総在庫の金額を知るための大切な作業です。
ちなみに私が勤めている会社は殆どしていません(笑)

この棚卸は1ヶ月~3ヶ月に1回はしておいたほうがいいです。
倉庫の在庫とネット上の在庫が合わなくなることがよくあります。
在庫のない商品がネットで売れてしまったら「欠品キャンセル」となり、クレームが入り悪いレビューを付けれらる場合があります。

主に受注と出荷の担当者が棚卸作業をします。

棚卸で商品をカウントしたらすぐにネットの在庫に反映させないと、注文はリアルタイムでどんどん増えますので在庫数が狂い、棚卸をした意味がなくなってしまいます。
例えば12:00に棚卸作業を開始して、17:00に終わった場合、棚卸の最新の在庫数からその時間内にネットで売れた商品の在庫数を引いてネット在庫に反映させればOKです。

私の職場は棚卸をしてから1週間後に「ネット在庫と合わせといて」とか言ってきます(笑)
その間にキャンセル、返品、交換などあるので、もうわけがわからなくなります(笑)

デザイン業務

これは私が担当している仕事です。
現在勤めている会社では主に以下の仕事をしています。

・一眼レフで商品の撮影
・Photoshopで画像のレタッチ(色調整、切り抜きなど)
・商品ページのデザイン
・商品説明文の作成
・CSVデータの作成(商品登録)
・SEO対策
・在庫管理(毎日)
・アクセス解析
・広告費管理等
・ページの作成(セールページ等)
・ページの更新作業(PC、スマホ)

やったことのあるサブ業務では
・フライヤーの作成
・チラシの作成
・パンフレットの作成
・企業ホームページ作成
・動画編集
・フラッシュのプログラミング(アクションスクリプトの作成)⇒古い(笑)
・LINEスタンプ作成(無理矢理あんまり経験のないイラストレーターで文字入れ)

デザイン業務では「Photoshop」と「Dreamweaver」というadobeのソフトを使って作業します。
ネット通販なので、エクセル必須です。

そしてWEBのページ更新に必要な技術、これは基本的なことなのですが、
・HTML
・CSS
・JavaScript
・SEO
の知識が必要がです。

商品登録作業では、自分が担当している店舗以外に、他店のCSVの使い方も覚えて商品登録をしなければなりません。
※ヤフー、楽天、アマゾンなど、エクセルで編集するCSVの仕様はそれぞれ異なります。

どんだけ1人のスタッフに作業とスキルを要求するの?(笑)

まとめ

私は昔勤めていたとある会社では、上記に書いた「バイヤー業務」以外は全てしていたことがあります。
1人のスタッフにいろいろな仕事を任せすぎです。
少人数の中小企業だから1人の従業員にいろいろ任せたい!ってのはわかりますが(^_^;)

クリエイターに雑務をさせてはいけない!と思ってます。

ちなみに私は自営業時代は全て自分でやっていました(笑)

やはり仕事をする上で「苦手の克服より得意を伸ばす」方が圧倒的に大事です。
そのほうが自分にとっても会社にとってもプラスです。

余談ですが、私は買取ビジネスもしていた頃がありました。
この会社では、商品を買い取るために「商品知識」が半端なく必要です。

「家電」ではDVDレコーダーやテレビ、掃除機、冷蔵庫、ドライヤー、など。
他にはドラレコやカーナビなどのカー用品、美容家電の知識。
ブランドでは財布、バッグ、アクセサリーなど、買い取る際には本物か偽物かを見極める知識も必要。
金やプラチナ、骨董品の知識。
盗んだ自転車を売りにくる客もいるので警察沙汰になったり。
客が来店した際、商品の売値の相場を調べて買取価格を10分以内に決めたり。
ネット通販と同じで商品の撮影、画像加工、商品詳細、ヤフオクへ出品。

ネット通販と似ている「買取ビジネス(ヤフオク転売)」もかなり大変です((((;゚Д゚))))

ただひとつ言えることは、ネット通販会社で本気で働いて勉強すれば、かなりの実力が身につくと思います。
ですが高い年収が欲しいならプログラマーやインフルエンサーなど伸びている業界に入った方がお得です(笑)

ネット通販(小売)は厳しいです・・・穴はいくつかありますが、秘密です(笑)