仕事術!早く仕事を上達させるコツ!仕事上達の近道!

仕事関係
スポンサーリンク

お金をもらって仕事をするということは「プロ」として働いていると言ってもいいです。
ですがプロにも「できる人」と「できない人」が実際に存在します。
誰でも最初は「できない人」です。
ですので「プロ意識」を持って働くことが重要になってきます。
それが仕事のスキルアップに繋がります。

私の職場の上司は私と同じで10年以上ネット通販の仕事に携わっていますが、彼は「できない人」です。
「プロ意識」がないため、「alt」って何?と誰でも知っているような事を聞いてくるレベルの低い人です。
10年以上WEBの仕事をしておきながら知識が初級者なんです。

今日はネット通販の仕事をしている私が実践している仕事の上達法等について書きます。

あくまで私のやり方です(笑)

参考書から学ぶのは初級者

私は過去にこのような経験がありました。

上司
上司

フォトショップの基本操作を本を読んで勉強しろ!

と言われました。

当時私はフォトショプをある程度使えていました。
「たったひとつだけ知らなかったこと」のためにに分厚い本を読まされました。
もちろん読んだのですが、8割9割が既に知っている内容で、
「役にたたないなぁ」と思いながら本を読んでました。

まず、既に知っていることを本を読んで学ぶということ、これは時間の無駄です。
大事なのは「知らないことを知る」ことにあります。
学校のテストでも「正解した問題より間違った問題を勉強しよう!」とよく言われます。
仕事に置き換えると、「仕事で必要な自分の知らないスキルを覚えよう!」と同じです。

本で「パペットワープ」を覚えてから5年以上経ちましたが、私の仕事で使う機会はありませんでした。

仕事をする上で必要なのは、その仕事でよく使う技術を知って身につけることであり、殆ど使わないような技術を時間をかけて覚えるのは非効率だと思ってます。
仕事で使わない技術は覚えたところで役にたちません。
必要な技術をどんどん磨いていけばいいと思っています。

資格の取得で「俺いっぱい資格持ってるよ!」と自慢する人がいますが、それって無意味です。
会計士や運転手など、資格のいる職業に就きたい場合は資格は必要です。
例えば面接で「いろんな資格を持っている人」と「資格はないが見える実力と実績がある人」、会社がほしい人材は売上に直結する後者です。
おそらく「実力のある人」はそれほど資格は気にしていないようにも思います。

たった1つの事を知らなかっただけで「本を読んで勉強しろ」、会社はこのように従業員を育てるのはどうなんでしょう?
本を読む⇒時間がかかる
教える⇒数分

教えた方が断然早いです。

ただ、職人になると「自分が培った技術はそう簡単に教えたくない」というのがあり、私も実際そうです。
私の場合は今後自分にとってもプラスになる人には教えるかもしれません。

たまーに「1回しか教えないから覚えとけ!」と怒る上司がいます。
私の上司にもいました。
ですがこれって「あなたは1回で完璧に覚えられるんですか?」と言いたい。
そんな人は滅多にいません。
人は何度も同じ作業を繰り返すことにより覚えていきます。

メモをとっても忘れてしまい、できないことだってあります。

ですが、仕事をする上で必要なスキル「1回しか教えないから覚えとけ」は、仕事を教える側は教えるのがとてつもなく下手くそです。
仕事を覚えてもらわないと会社が困ります。
優しく教えてあげましょう。

少し話はそれましたが、本を読まなくてもピンポイントで知りたい事を学ぶ方法があります。
この方法は是非みなさんに覚えてほしいです。
次の項目をどうぞ。

Googleでピンポイントで調べて必要なことを覚える

まずはGoogleで調べることを癖付けましょう。
知りたいことはほぼ見つかります。

パソコンでエラーが起きた!
そんなときはエラーメッセージで検索をすれば解決法がズラリと出てきます。

デザインの場合、参考書には
「高級感のある配色」
「女性向けの配色」
「夏をイメージする配色」
といろんな配色が紹介されています。

デザインの配色に困ったときはGoogle画像検索で「夏 配色」と検索すれば配色画像が出てきます。
この画像を使ってフォトショップでスポイトを使って色を拾えば配色は一発解決です。

調べるのも良いですが、基本の部分は最低限覚えましょう。
例えば配色の知識については知っておいたほうがいいです(^_^;)
暖色背景に暖色文字を重ねる、これはアウトです(笑)

JavaScriptのコードも検索すれば出てきます。
スライドショーを通販ページに設置したい場合、ググるといろんなJavaScriptがサンプルで置いてあります。
それを少し編集して使えば問題ありません。

仕事で必要で自分の知らないことをピンポイントで調べて覚えると、本を読んで調べるより圧倒的に効率が良いです。
Googleを使い倒してみてください!
ただし、なんでもかんでも信用せず、書いてあることが正しいかどうかは自分で判断してください。
だいたい正しいですが(笑)

エクセルの関数も同じで、セル内に改行を入れたい!
「セル内 改行 方法」で検索すると「[Alt]+[Enter]キーを押せばセル内で改行」と答えが出てきます。
「文字 後ろから5文字 残す」で検索するとRIGHT関数が出てきます。
思ったことをそのまま検索してみましょう。

余談ですが、私はJavaScriptのコードを書く事は出来ませんが、コードを理解して編集することができます。
なぜか?
WEBのコードの基本的なことを理解しており、英語のコードを読めるからです。
なんとなくわかります(笑)

またまた余談ですが、英語は喋ることができなくても、読むことさえできれば知識を得ることができます。
もちろん喋れた方がいいと思うのですが(^_^;)、書くのもいいですよね、外国の人とコミュニケーションできます。
英語を喋れなくても読み書きできるだけでかなりお得です☆

メモをとる

仕事をする上で「メモ」は役に立ちます。
私の場合はエクセルで「やることリスト」を作って作業の管理をしています。
・優先度 高
・優先度 中
・優先度 低
とこの3つに分け、1日8時間で仕事が終わるように作業を振り分けています。

メモをする際に「出品:○月○日まで」と納期を書き足しておけば尚良し(゚▽゚)
どんな小さな仕事を依頼されても全てやることリストに追加します。
与えられた仕事を全てすることにより、相手から信頼を得ることができます。

例えば上司から急に仕事の依頼が来た場合、それが「すぐに終わらせることのできる仕事」だった場合、自分の優先度の低い仕事を後回しにしてその上司の仕事依頼を先に終わらせます。
なぜか?
自分の優先度の低い仕事は急ぐ必要がない。
すぐにできる急な上司の依頼は先にやったほうが、上司の仕事が円滑になる。
ということです。

ですのでメモをとる癖をつけましょう。

問題点⇒ 試行錯誤⇒改善策⇒行動

これ以前にも書いた気もしますが、また書きます(笑)
仕事をする際に「問題点を見つける⇒思考錯誤⇒改善策⇒行動」を常に考えてください。
これを繰り返すと仕事ができるようになり、会社にもプラスになります。
試行錯誤した上での失敗は大丈夫です、また考えましょう。
そして次回へ繋げましょう。
どんどん実力を身につけて実績を作っていきましょう。

私は職場でずっと改善策を提案しても、会社がなかなか行動しません(笑)
行動したとしても効率の悪い方へ逆戻りパターンもあります(笑)

仕事ができるようになるためには「仕事のできる人を真似する」という方法もあります。
詳しくはこちらをお読みください。
https://nagaiblog.jp/2019/09/16/young/#toc2

まとめ

仕事中なにか困ったことがあったら、Google検索を使い倒してみてください。
自分で調べることのメリットは、人から教えてもらうより身につきやすいです。(私の場合w)
調べてもわからないことがあると思うので、そのときは遠慮なく人から教わりましょう。
いつまでも調べていると時間の無駄になる場合があります。

仕事中ある程度自力で調べることは必要です。
でないと教える側の時間を削ることになります。

・自分で調べよう派
・わからないことがあったらすぐに聞け派

私は前者です。
重要⇒ですがこれは仕事内容によるかもしれません(^_^;)

例えば仕事中、フォトショップやWEBのコードの場合、ある程度調べてもらって知識を身に付けてもらい、私が解決方法を教えたほうがやりやすいですね。

「どこがわからないの?」
「ここです」
「こうすればいい」
「なんで?」
「こうこうこういう理由なので」
「この使い方は知ってる?」
「知りません」
「こう使うんだよ・・・」
全く何も知らない相手に教えるのは大変です(´Д`;)
私の職場の上司ですね。
ですが優しく教えます(笑)
職場は家庭教師がイチから教える場ではありません(^^ゞ

「どこがわからないの?」
「ここです」
「こうすればいい」
「なるほど」
ある程度知識を持った人なら楽チンです(゚▽゚)

教わる方もある程度努力はしましょう(^_^;)
長期的に見て自分で調べる力は役に立ちます。
最初はわからないことだらけで時間がかかっても、長期的に見てスキルアップしてくれれば問題ありません。

自分で調べる(努力)=人に頼らない
人に頼らない⇒無駄に群れない
無駄に群れない⇒1人でも稼げる能力が身につく
あくまで私のことですが(^_^;)

全部自分で調べると間違ったことを覚えてしまうこともあるので、時々人から教わることも重要です。
プログラミングは独学すると挫折しやすいそうですね、すぐに人に教えてもらえる環境があればできるようになるそうです。
プログラマー、私は挫折しました(笑)

1人でも稼げると言っても、最低限の良い繋がりは必要だと思ってます(^_^;)
格上の人と繋がりいろいろ学びましょう。
格上の人が書いた稼ぎ方の本を読んで学ぶのもアリです。
私はそうしてます。

まとめると、自分で調べて努力し、わからないことはできる人から教えてもらいましょう。
この方法が身につきやすいです☆

重要!価値観は人それぞれです。
私の書いたことを全て鵜呑みにして信じないようにしてください(笑)