お金よりスキルを身に付けよう

知っててお得?
スポンサーリンク

突然ですが、もしあなたが「明日から来なくていいよ」と解雇された場合、「了解です」とすぐに返事できますか?
おそらく殆どの人ができないと思います。

できない人
・会社のために人生を捧げる
・年功序列で働く

できる人
・会社のために人生を捧げない、自分のために働く
・副収入があり、いつでも転職できる仕事のスキル(実力)を持っている

サラリーマンは後者のように個人でも稼ぐスキルを身につけなければならない時代に突入しました。

ではどのようしたら個人で稼ぐスキルを身につけることができるのかを紹介します。

すぐにお金(利益)を求めてはならない

若いときの苦労は後に役に立ちます。
これは間違いありません。

では何をするべきなのか?
「自分で稼いで生きていくためのスキルを会社(本業)から必死に学ぶ」です。

年収よりまずスキルを身につけることを覚えてください。
私も若い20代は年収よりスキルを身に付けることを選びました。
そうすることにより、副業で稼ぐ術を身に付けることができます。
副業が副収入になり、自分で稼ぐことのできるスキルが身につき、ブラック企業から解雇を言い渡されても怖くありません。

若い時の努力は、他ジャンルの仕事でも役に立つ場合があります。

まずはあえてブラック企業へ入社してみてください。
殆どの人は「ブラック企業は嫌だ!」と思っています。
ですがブラック企業でこき使われて本気で仕事をすると、以下のメリットがあります。
※今時殆どがブラック企業ですが(笑)

  • 本気で努力することにより実力が身につく
  • やってはいけないこと(労基法)を知ることができる
  • いろいろなことを反面教師として学べる
  • 日本社会の現状を体験できる

起業を目指す人にとっても勉強になると思います。
ブラック企業では「パワハラ」「サービス残業」「いじめ」など、いろいろなことを学ぶことができますので、自分がされたら嫌なことを決して他人にしないようにするということを心がけてください。

過去の記事に「ブラック企業で働くメリット」を公開していますので、こちらの参考にしてみてください。
ブラック企業で働くメリット

ブラック企業を辞めた後、もしサービス残業をさせられていた場合は、出勤と退勤時間を証拠としてメモにまとめておきましょう。
そして成功報酬型の弁護士に相談して残業代を取り戻しましょう。

【重要】ブラック企業で体調を崩してまで頑張るのは止めましょう。

仕事上達への近道

ブラック企業の問題点

例えば残業の多いブラック企業、残業が多いということは効率良く仕事が出来ていない可能性が高いです。
「なぜ効率が悪いのか?」
「ではどうすれば効率が良くなるのか?」
「問題点はどこにあるのか?」
「どのように改善してどう実行しようか」
ということを常に考えながら仕事をしてみてください。
するといつの間にか仕事のデキる人に成長しています。

「この作業効率悪いな」と思ったら効率の良い方法を考えます。
最初は時間をかけて改善方法を考えます。
時間がかかるのは最初だけです。
後に効率良く仕事ができるようになることを考えれば全然OKです。
その効率が会社に売上と利益をもたらします。

私の場合、毎日エクセルを使った作業があります。
関数を使うのですが、いちいち入力していたら時間がかかります。
ですので、文字入力の「単語登録機能」を使っています。
「あ」と入力すると長い関数が一発変換で出てきます☆
最初に関数を調べるのに少し時間がかかりましたが、一発変換ができれば関数の入力が1秒もかかることはありません。

と、他にもいろいろありますが、こういう細かいことの積み重ねをすることにより、仕事が爆速でできるようになります。

仕事のできる人を真似する

以前「格上の人と関わろう」という記事を書きました。
自分より仕事のできる格上の人から学ぶことはとてもたくさんあります。
ですので、仕事のスキルアップをしたいのなら「格上の人を真似」しましょう。
仕事の仕方や考え方などを格上から学んで自分のモノにしましょう。
経験を積んでどんどんスキルアップできます。

もし同レベルまたはそれ以下の人と関わると得るものが何もなく、いつまで経ってもスキルは身につかず、自分の「市場価値」も低いままです。

年収を上げるには、格上の人から学ぶのが一番だと思ってます。
なぜなら「成功する方法」を知っているからです。

たった5年10年で年収を倍に上げることが可能な時代です。
ですので、若い時は「稼ぐ」より「スキルを身に付ける」を重視してみましょう。

まとめ

冒頭にも書きましたが、 私も若い20代は年収よりスキルを身に付けることを選びました。
ただ、努力をする方向が間違っており、途中で軌道修正させたので、少し遠回りしました(^^ゞ

利益は後から付いてきます。

5年10年で年収を倍に上げることが可能な時代 、早い人は1年で稼げるようになります。
結局は諦めなかった人、毎日努力を積み重ねた人が勝ちます。
殆どの人は実行せずに諦めてしまいます。
諦める人が多いということは、頑張れば勝てる確率が非常に高いということです。
ライバルは殆どいないので。

・会社のために人生を捧げる
・年功序列で働く

このような状態に陥っている人は今一度、考えを改めて自分のために頑張ってみませんか?