稼ぐ方法/ビジネスを成功させる方法

仕事関係
スポンサーリンク

ビジネスで成功する方法を知ってますか?
もちろん努力や行動力などありますが、それらとは別にあります。
そのやり方はほとんどの人は知っていると思いますが、実行しない人が非常に多いです。
今日はビジネスを成功させる「再確認」として書いていきます。
プラスアルファの知識も書いています☆

これっておかしい

日本でよくある「誰もがやっていることで儲けようとする」です。
なんのアイデアもなく競合の集まるビジネスの世界へ飛び込んでいきます。

例えば人口1000人の小さな村があったとします。
その村にコンビニができ、10時~18時まで従業員が1人働いてたとします。
従業員1人の日給は1万円だったとします。

ある日その村に新しいコンビニができました。
ここで問題が起きます。

村1000人に対して足りている1店舗のコンビニ。
村内に2店舗もあると客が分散します。
分散すると客人数は500人500人となり、売上も分散されるので減ります。
かと言って村人1人辺りのコンビニで使うお金は増えません。
2倍食べるようにはなりません。

分散された=売上は減る⇒バイトの時給は変わることはありません。

ここでコンビニ同士で削り合いが始まります。
値下競争、営業時間の拡大、サービス強化、コンビニ店員の増員。

牛丼屋とかわかりやすいですよね。
商品は増えても消費する側は2倍3倍とお金は使わないということです。
ですので従業員がいい思いをすることは難しいと思います。

例えば今から腕時計のネット通販に参入しようとした場合、既に何百万人もの顧客を持っている大手に勝つのは非常に難しいです。
※昔私は腕時計業界にいました(^_^;)

ただ、どんなビジネスでも内容やアイデア次第で大手に勝てる場合もあります。と思います(笑)

競合が増えれば増えるほど売上も集客人数も分散されてしまいます。
ですが「誰もしていないことをビジネスにすると成功しやすい!」というのはよく知られています。
二番煎じくらいまでなら儲かるのではないのでしょうか?
誰もしていないこと=未開拓を見つける。
これがなかなか難しいんですよね(^_^;)

見つけるにはどうしたらいか?
ちょっとだけ書くと、海外にはいろいろな儲けるためのヒントが隠されています( ̄ー ̄)
実際日本は後退国です。
日本にばかりいると視野が狭いままです。

伸びている業界に入る

伸びている業界に就職をすると給料も伸びやすいです。
現代ではプログラムを勉強して「エンジニア」になると年収600万700万、フリーで1000万超えとかですかね?
間違ってたらすみません(^_^;)

歯医者がコンビニより増えすぎて儲からなくなりました。
ように、エンジニアも増えすぎると・・・。
プログラム業界のことは詳しくありませんが、ビジネスは先にやって成功させた者勝ちですね。

YouTubeにもテレビ業界、アニメ業界、芸能人が参入してきました。
アニメは巨人の星や明日のジョー、スレイヤーズなどが無料で観れます。
芸能人はカジサック、オリラジの中田、モー娘の辻、ハリウッドザコシショウとかですかね。

YouTuberは今後も増えますが、視聴者の人数はそれほど変わらないと思います。
前項目の分散ですね。

YouTuber業界で成功しやすい方法、これも前項目に書いた「誰もやっていないこと」です。
野良猫を撫でただけの動画でウン千万儲かったりします。
ですのでアイデア次第ではYouTubeには可能性がまだあります。

YouTuberが増えると儲かるビジネスがあります。
それは「動画編集」です。
テロップを入れたり、効果音を入れたりします。
毎日動画を量産しなければならないYouTuberは、動画編集は外注でお金を払ってます。
自分の作業のキャパオーバーがきたら、外注して効率よく仕事をしましょう。

自分の能力を日本以外で活かす

自分の技術が日本で通用しなくても、自分の技術を持っている人が少ない所へ行けばライバルは減り、儲けることができます。

例えば私は剣道を若い頃にしていました。
初段ではなく1級です(笑)
日本で剣道1級で「剣道教室の先生」として生徒に教えてお金をもらうことはできません。
ですが、剣道教室のないような海外へ行けば、1級の私でも稼げます。
実際あった話なのですが、私が海外留学をしていたとき「剣道を教えてほしい」という人がおり、教えました。

日本の文化「サムライ」をアニメで知った外国人が剣道を習ってみたい!ということです。
日本で剣道教室を開いて教えるより、剣道教室のない国へ行って教えたほうが儲かります。

食べ物の場合も同じです。
これも実際に経験したのですが、海外でその国の人が作っているたこ焼きはマズイです(笑)
たこ焼きは英語で「Taco Ball」と言われており、カチカチに固くてケチャップを付けていました(笑)
もしこれが「日本人のプロ」が作ったたこ焼きならどうでしょうか?
たこ焼きに限らず「味覚」の問題などあると思いますが、上手くやると成功しやすいですね。

海外の素人が作った寿司より、寿司の修行を積んだ日本人が外国で寿司屋を開いたほうが成功しやすいです。
そうすることにより、海外に住んでいる日本人客も集客でき、しっかり利益を取りながら営業できます。
現に私は留学時代、ある寿司屋に毎日通い、ウニを食べ尽くしました(笑)
日本食は高かったですが、よく食べていました(笑)

前項目に「海外にはいろいろな儲けるためのヒントが隠されています」と書きました。
ということは・・・もうお分かりですよね☆

和解金(慰謝料)

労働者はサービス残業で過酷な労働をしているにも関わらず、なぜ会社を裁判で訴えないのかが不思議です。
残業代無しで働くことは確実に労基法違反です。
失った時間は決して戻ってきませんので、「成功報酬型」の弁護士に相談してお金を取り戻すことをおすすめします。

タイムカードで労働時間の管理がされていない場合、自分で勤務時間のエクセルを作ると良いです。
パソコンの電源をいれた時間、切った時間を調べて証拠として残しておくのも良いでしょう。
労働者が裁判を起こさないので、ブラック企業は調子に乗り続け、どんどん増加します。
証拠を集めて会社を辞めたら訴えましょう。

パワハラ現場はボイスレコーダーで証拠を持っておきましょう。
労基法を違反しまくっているブラック企業から違法なことをされた場合は証拠として何かに残しておきます。
そして労基署へ行って証拠を見せ、成功報酬型の弁護士に相談します。
ブラック企業を訴えて300万、500万、1000万の和解金をもらいましょう。
儲かっているブラック企業が良いです。

倒産するくらいなら会社は和解金を払います。
会社の上司から暴行を受けたときは、監督責任は会社側にあるので確実です。
ちなみに和解金は無税です。

ブラック企業を撲滅させるには、まず被害を受けた労働者が行動しなければなりません。
生きていく上で知識を得て実行しないと損をします。

まとめ

ビジネスを成功させるためには・・・。
・他にやっていない競合の少ないビジネスをやる
・伸びている業界で働く
・自分の能力を活かせる場所へ行く
・どんなビジネスでも内容やアイデア次第で大手に勝てる場合もあり

良いアイデアの下で努力をしましょう☆

最後の和解金はビジネスとは違いますが合法です(笑)
しかしビジネス化したらどうなっちゃうんでしょう(笑)

と、最近本を読んだりして強をしている私が、稼ぐ方法についての考えをまとめてみました。

事業が順調でも途中、ピンチになることはあります。
そのピンチを乗り越えると成長します( ̄ー ̄)
日々勉強です(`・ω・´)