いずれ潰れる中小企業の特徴や共通点!末期症状のダメな会社!衰退して倒産しそうな会社

ブラック企業体験談
スポンサーリンク

資金のないダメ上司の存在するブラック企業は会社継続の危機に陥ると従業員に対して酷いことをしてきます。
社内はどのような状況になるのか?
ネット通販運営の仕事をしている私が経験したことを書いていきます。

急に細かいことを指摘しだす

粗探しをしているかのように、今まで注意されなかったような細かいことを急に注意してきます。
売上になんの影響のない所のリンクの設定ミスにまで急に怒るようになります。
おそらく資金不足による心の不安からきていると思われます。

この会社では
・何ヶ月もTOPページを更新しない
・何ヶ月も棚卸をしない
・何度も何百万もの売上金の請求を忘れる
と、このような重大なことは許されています。

・何ヶ月もTOPページを更新しない
ストアオープンから半年以上経った現在、未だまともにTOPページを作成していません。
ストアのTOPページはお店の顔です。
この部分を怠り、激安SALEばかりしている状況です。

・何ヶ月も棚卸をしない
最近ですが、今年入ってやっと1回目の棚卸をしました。
相変わらず効率の悪い方法で棚卸をしており、私は巻き込まれています。
以前「効率の良い棚卸表」を作ったのですが、結局使わず・・・
時間の無駄でした。
その表は在庫更新が一括ででき、社内の総在庫の金額もわかるようになっていました。

・何度も何百万もの売上金の請求を忘れる
売上金の入金が遅れれば、その間新商品の仕入れもすることができません。
上司Aの売上請求忘れで3回ほどこのようなことが起こっています。
にも関わらず特に重い罰とかはなかったですね。

会社都合ルール

資金がなくなると会社都合のルールを作ってきます。
・隔週土曜は出社(他社もやってるだろ)
・会社を辞める際は2ヵ月後になる(これはお願いです)

効率よく仕事をしたほうが生産性が上がり、従業員のスキルアップになります。
土曜出勤や残業など勤務時間を増やしても生産性は上がりません。
よって「時間」で従業員を働かせているブラック企業の経営陣は従業員を道具のように思っています。
作業効率化を目指したほうが仕事の生産性が上がると知っている人は、基本は「時間」で働きません。
部下に対しても作業効率化を求めると思います。

現在、私の会社の雇われ社長は効率よく仕事をするように毎月ミーティングで言っていま。
言っている本人が一番効率よく仕事をしていないのは大問題です(笑)

雇われ社長はネット通販運営の仕事をしておきながらエクセルが使えません。
これはWEBデザイナーがPhotoshopやDreamewaverが使えないのと同じです。

雇われ社長
雇われ社長

俺、エクセル苦手やねん。

いやいや、デザイナーの私でもネット通販運営で必要なエクセルくらいは不自由なく使いこなせますよ?(笑)
私が入社して5年、誰も未だにエクセルを覚えない・・・。

本業とは全く関係のない新規事業に手を出す

末期になると、いろいろなことに手を出そうとします。
もしあなたの会社の経営陣がそわそわして、いろいろなことに手を出し始めたら、会社継続のピンチかもしれません。

ビジネスはいつまでも上手くいくとは限らないので、常に新しいことを考えておく必要がありますね。

減給

会社に資金がないと減給されます。
ブラック企業は真っ先に人件費を削ります。
私が過去勤めていたブラック企業、私は2回ほど減給されました。
業務委託契約で月1更新で契約書が渡されます。
最後倒産しました。

私が今勤めている今の会社はどうなのか?

「昇給させたら簡単に減給できない」
「ボーナスで調整してあげる」

会社の業績が悪ければボーナスはありません。
なので私の市場価値に合わない安月給です(笑)
ですので自分で稼いでます。
プロフィールにも書いていますが、本業以上に稼いでます( ̄ー ̄)

銀行からの電話が増える

銀行からの電話が増えたり、銀行員が頻度に訪ねてきたりしたら会社の末期かもしれません。
昔私が働いていた職場は銀行からの電話が多く、最後倒産しました。

有能な社員が辞める

会社の経営がピンチになると有能な社員は辞めます。
私が昔働いていた職場、次々と有能な人が辞めていき、最後倒産しまた。
副社長も会社を辞めていました(笑)
会社の売上をよく知っている会計の人が急に辞めた時は倒産前かもしれません。
※あくまで私の経験上です

さいごに

他には
「社員への給与支払いの遅れ」
「取引先への支払いの遅れ」
などがありますが、今回は私が経験したことを書いてみました。

給料未払とかなると最悪なので、そうなる前に新しい職場を見つけて転職することをおすすめします。

書き終わってから気づいたのですが、過去に似たような記事を書いた記憶があるので、こちらもご覧下さい(笑)
こちら⇒https://nagaiblog.jp/2019/08/02/bankruptcy/