大切なことは書面で約束しよう

ブラック企業体験談
スポンサーリンク

皆さん、お金が絡む約束事はちゃんと書面でしていますか?

私は過去に「口約束」で酷い目にあったことがあります。
口約束でも法的には有効らしいです。

ですが、そんなのは絶対トラブルになります。

ということで今日は私の経験を基に「書面での確認の重要さ」につい書いていきます。

就業規則がないためやりたい放題

ちょっとお金の話から脱線しますが、つい最近こんなことがありました。

社員
社員

休憩は車の中で昼寝をしていました。

社長
社長

おい、ちょっと非常識ちゃうか?

社員
社員

ブチッ(怒)⇒喧嘩腰

社長
社長

おいまて、まずは落ち着け!(怒)

社用車の中で昼寝をしていたそうです。

壁が薄いので私の部屋の中までケンカ声が聞こえてきます(笑)

社用車を使った社員側の問題点。
荷物の搬送の帰りの昼休憩、社用車で昼寝をしていたそうです。
社用車なので「ガソリン代等の車の維持費を会社が負担している」ということになります。
そして休憩時間は8時間勤務外です。
ということは、業務と関係のないことで会社の経費を使った(私用した)ことになります。
外は灼熱だったので、おそらくエアコンは使っていたと思います(笑)
会社に帰ってから皆で共有してるエアコンの効いた部屋で休憩すればいいのに。

次に社長側の問題点です。
前々からこのブログにも書いていますが、「就業規則」がないので問題が起きます。
確かに、従業員10人以下の会社は作らなくていいのですが、私が社員登用の時に社会保険や厚生年金がないことを知り、一度辞めているので、再入社の際にトラブルにならないように「就業規則」を作ることを条件にしていました。
ブラック企業なので正しい就業規則を作れないことは目に見えてますが(笑)
その都度社長が注意したり「社長ルール」ができていきます。
「紙パックは折りたたんで捨てろ!」というのもありましたねΣ(゚д゚lll)

ニュースになった詐欺師

某アニメ関係の会社での出来事です。
以後A社と書きます。

私とA社の店長と会話をしていると「イベントやりたいよなぁ」という話になりました。
そして私はA社の社長とイベントについて話をすることになり、イベント会場の利用料を無料にしてくれました。

そして私はいろんな出演者さんにイベントに出演してもらうように声をかけました。
会場を無料で貸してくれるので、出演者さんにも報酬をお渡しすることができます☆彡

ですがある日、

 詐欺師社長
詐欺師社長

会場はこっちの方にしてくれ!

と連絡。
仕方なく私はイベント会場を変更し、出演者さんに連絡しました。

そうるすとまた

 詐欺師社長
詐欺師社長

やっぱ元の会場でいいよ

またまた私は出演者さんに連絡しました。

そしてある日社長に

詐欺師社長
詐欺師社長

この出演者、歌がヘタクソや!イベントのクオリティを下げることはさせない!集客できなかった分はドリンク代で支払ってもらうからな!


と信じられない事を言われました。

その後何度かやり取りをしたのですが、一向に社長から連絡がありません。
仕方ないので、A社の従業員であるイベント開催についてもとっても詳しいMさんと連携をとり、私のイベントを進めていくことになりました。
非常に頼もしい人でした。

ですが突然社長から、

詐欺師社長
詐欺師社長

お前連絡ないな、イベントは中止や!主催者と連絡がとれなくなったからイベントは中止だと演者に俺からDM送っといた!

最悪です・・・。

私

え?Mさんとイベントを実行することになってますが、連絡いってないですか?

私はたくさんの演者さんに迷惑をかけました。
この日のために有給を取っていた演者さんもいました。

後日知ったことなのですが、この社長は詐欺師でテレビのニュースにも取り上げられました。
社長は会場の利用料を無料にしてしまったことを後悔したのか、最後の方はだんだんとお金の話が絡むようになってきましたからね。

社長にメールするので会社のメールアドレスを教えてください、とMさんに伝えると
「個人情報なので教えられない」と意味不明な回答もありました・・・。

お金が絡む事は必ず書面でしておいたほうがいいです。

言った言ってない

こんな永遠に解決しない無駄なやり取りはないです(笑)
証拠がないので解決しません。

ではどうすればいいのか?
証拠があれば相手を黙らせることができます。
書面ではありませんが、LINE、メール、スカイプなどです。
これは文字としてはっきり残るので、言った言ってないの揉め事をしくて済みます。
文字で証拠を残してても「ちゃんと読んでなかった」「忘れてた」等と言い訳してくる人もいますが、やれやれです。
直接言っても文字で残しても忘れられる。
私の会社でよくあります(笑)

まとめ

お金のトラブルは絶対に避けたいものです。
私の会社は雇用契約書がないです(笑)
部下に命令したり叱ったりする以前に、しなければならないことをブラック企業はしていません。

逆に考えてみましょう。
雇用契約書がない。
タイムカードで労働時間の管理をしない。
残業代がでない。

これらはブラック企業の弱点でもあります。
つまり社員側が非常に有利な立場にあります。

勤務時間は出社時間、退社時間、残業時間など自分でエクセルで管理してもOKです。
メモでもOK!
必ず1分単位で!
パソコンを起動させた時間は出社時間として使えます。
パソコンの起動時間は調べることもできます。
帰る前に日報をメールで報告している人はメールの送信履歴を残しておきましょう。
パソコンの電源を切った時間は調べることができたかな?

もし残業代が出ないのであれば労基法に違反しているので、上記に書いた証拠があれば、会社を訴えて裁判で勝つことができます。

辞めた社員に訴えられているブラック企業は実は多いです。
私も見たことがあります。
ブラック企業から転職する際はめんどくさがらずに訴えてお金をもらいましょう(笑)
時間はもどってきません、遠慮なく残業代は取り返すべきです。
私は全く残業しないので訴えることができませんΣ(゚д゚lll)