完璧主義すぎると仕事ができない?

仕事関係
スポンサーリンク

突然ですが、私は完璧主義者でした。
みなさんの仕事場に完璧を求める人はいませんか?

ちなみに今は完璧主義者ではないです。
なぜか?
完璧に疲れました(^_^;)
完璧を止めると楽になりました。

完璧主義者の人は非常に仕事が丁寧です。
完璧に仕事をしてくれるととても安心です。
私が仕事を依頼する立場であれば、頼れる存在なので仕事をまる投げしちゃうかもしれません。
と思うのは、私もよく仕事を丸投げされていたからです。

今日は私の実体験を含め、ネット通販会社に勤めている私が思う完璧主義者のメリットとデメリットなどを書いていきます。

完璧主義者にもいろいろなタイプがいると思うのですが、これから書くのはあくまで私のことと、私が見てきた完璧主義者です、100%そうだとは限りません←重要

私は文章を書くのが苦手なので誤字脱字が多く、これだけは完璧にできません(笑)Σ(゚д゚lll)

完璧主義はどんな人

完璧を求める人は他人に仕事を任せない。
ということは、なんでも自分でやる一匹狼タイプです。(たぶんw)
私ですね。

そして一匹狼はなんでも自分でやる努力家でもあります。
努力すると、ある程度のことはなんでも自分でできるようになります。
努力家と言えば、稼ぐことにおいて成功しやすいとも言えます。
稼ぐために必要なことは努力だと、成功者のほとんどがそう思ってます。

稼ぐためには、完璧を止めることも重要だと思ってます。

メリット

仕事が丁寧

私は「仕事のスピードは丁寧ではやく!質のいい仕上がりにしよう!」
「効率よく仕事をするにはどうすればいいか」
という事を普段から考えていました。

今では会社内でぶっちぎりで仕事ができるようになり、辞められると困るくらいの存在になっています。

先程も書きましたが、私は現在完璧主義者ではありません(笑)

真面目で責任感がある

完璧主義者は真面目です。
ただ、完璧が故にちょっとしたミスも気になりがちです。
重大なミスをしたときはかなり凹むのですが、責任感があるので、仕事でのミスは仕事で取り返します。

とんでもない集中力

昔の私は10時間くらい休憩なしでぶっ続けで仕事をできる程集中力がありました。
当時とても仕事にやり甲斐があり、仕事中は完全に自分の世界に入ってました。
今は無理です(笑)

10時間ぶっ続けで仕事ができたのも今の仕事が好きだからです。
嫌いな仕事だったら絶対無理ですΣ(゚д゚lll)
好きなことを仕事にするべきかな?と思います。

デメリット

他人にまで完璧を求める

人に仕事をさせると大抵自分の納得のいかない内容で帰ってきます。
完璧を求めているので当たり前ですが(笑)
なので「自分でやったほうが仕事が早いし完璧だ!」という考えになり、
人に仕事を任せることを止めてしまい、自分の仕事がどんどん増えていきます。

私の場合は上司の仕事を奪って仕事もしていました。
給料を上げようと必死でした。
確かにブラック企業でどんなに実績を作って頑張っても給料は上がりませんでした。
↑あたりまえです(笑)

ですが自分自身の仕事能力向上とかにはすごくプラスになりました。
私は一生役立つスキルを手に入れました。
休日出勤は時間給だったのですが、今思うと時間給で働くのはNGですね(笑)
しかも月給を時給換算したら休日出勤は安い(笑)
違法だ(笑)

ですが、なんでも自分でやると、そのうちストレスと疲労でぶっ倒れます。
ストレスで免疫力が下がり入院してしまう場合もあります。
私はストレスと周りの副流煙のWパンチでノックアウト、70日間入院してしまいました((((;゚Д゚))))
詳しく知りたい人は過去の記事で書いたので読んでみてください。
人生最悪の時期の話【ブラック企業体験談】

ストレスとイライラ

完璧主義者の人はイライラしやすいと思います。
昔の私ですね(笑)
ストレス(ゲージ)が上昇、そしてイライラし始めて、プッツンオラァ!
※空条承太郎
そしてストレスは体調を悪くします。

昔私が勤めていた職場に完璧主義の社長がいました。
他の記事でも書いたかもしれませんが、ある日突然ブチ切れます。

社長
社長

なんで俺の言う通りにしないんだ!

私

落ち着いてからまたあとでお話しましょう

怒っている人になにを言っても無駄ですので、こういう場合は落ち着かせてから話すようにしましょう。

まとめ

完璧主義として働くことはおすすめできません。
能力が向上できるメリットもありますが、いずれぶっ倒れます。

稼ぎたいなら、絶対に倒れてはいけません。

完璧主義で仕事の遅い人がたまにいますが、アウトです。
人件費の無駄にしか思いません。

そして完璧主義者は仕事のできる人ではありません。
本当に仕事ができる人というのは、

本気度
完璧主義:仕事100%/サボる(時間/手抜き)0%←昔の私
できる人:仕事70%/サボる(時間/手抜き)30%←今の私
30%はサボりすぎ?(笑)

サボる(時間)
人間の体力や集中力には限界があります。
適度にサボることで仕事の生産性が上がります。
サボるということは言い換えると気分転換ですね。
ただし、バレないようにしてください(笑)
あと、サボり過ぎもダメです(笑)

サボる(手抜き)※私のネット通販の場合
例えばデザインの場合、雑誌に載せる為の広告デザインなど大事な仕事は、広告料という大金が発生しているので100%で仕事をしなければなりません。
通常のデザイン、例えば在庫が1個しかない商品の出品に時間をかける手間、これに全力を尽くすと、その1個しかな商品の利益と作業時間の人件費が割に合いません。
ですのでこの場合は手抜きをしてもOKです。
プロ意識を持って仕事をするのはいいことなのですが、なんでもかんでも完璧にするのはよくありません。

アニメでもよくありますよね。
・仕事が思うように進まず、アイデアが思い浮かばなくてイライラする。
・気分転換で外出、街中を歩いてみる。
・なんかいいアイテム発見。
・こ、、、これだーーーーーーーーーーーーーーーー!(笑)
・わー!すごい!成功だー!
アニメあるあるです(笑)

↑私もある日突然いいアイデアが浮かんだりします。
仕事中に良いアイデアを思いつくことはあまりありません。

完璧にする仕事と手抜きをしてもいい仕事、この2つを上手く自分の中で力の入れ加減を調整すれば、他の仕事をする余裕ができます。
そして自分の仕事のスケジュール管理を徹底すればバッチリです。

完璧主義の人はちょっと手抜きをすることを覚えてみてください。
明日やらなければならない仕事は今日しなくてもいいんです。
大事なのは毎日仕事を続けていくことですので、
本気でやりすぎて病気で倒れるのは周りに迷惑をかけてしまいます。
経営者という存在なら病気で倒れることは絶対あってはなりません。
あと人には完璧を求めず、頼れる人は1人くらいは見つけてください。

と、過去の私に言ってあげたい(笑)

先ほど書いた「明日やらなけばならない仕事は今日しなくてもいい。」
たまに「今日しろ!」という人もいますが、それではスケジュールの詰め込みすぎです。
仕事の時間とサボる時間があるから生産性が上がります。

あと、「営者という存在なら病気で倒れることは絶対あってはなりません」ですが、
ジムに行って運動するのもいいですね(゚▽゚)b

私が思う完璧主義者の記事でした。
完璧主義者ではないので誤字脱字はお許しをΣ(゚д゚lll)wwww
↑そこはちゃんとしようぜwww