歩合制のあるブラック企業に要注意!

ブラック企業体験談
スポンサーリンク

今日はネット通販会社の歩合制について書きます。

私は現在勤めている会社では昔歩合給がありました。
このネット通販の「歩合給」には反対していました。
今は歩合給がなくなっています。

ネット通販会社の歩合給は「おかしいのでは?」と思っています。
なぜそう思うのかを書いていきます。

目標設定が高い

私の会社では店舗ごとに担当者がいます。
・楽天⇒Aさん
・ヤフー⇒私
・アマゾン⇒バイト

まず毎月1回しているミーティングで、自分で自分の担当店舗の売上目標を設定します。
目標を達成すると歩合給をもらえます。
もちろん従業員は歩合が欲しいので売上目標を低く設定します。
そしてその売上目標が低すぎた場合は、経営陣に売上目標を高く設定されます。
「このくらいやったらいけるやろ」と目標設定が適当。
経営陣は緻密なデータの作成やモールの傾向などのリサーチはせず、売上目標の設定はこのようにいい加減に決められていました。
というか、歩合給は従業員にあげたくないでしょ?(笑)

モールによってはモール自体の集客力も違います。
楽天、ヤフー、アマゾン、販売商品によって集客力は違ってくると思うのですが、私の会社は楽天が一番売れていました。
ですので、楽天の売上目標は他2モールと比べて高かったです、当然ですが(^_^;)

では歩合給があるとどうなるのか?
「歩合給がほしいので担当者は利益より売上を優先して店舗を運営してしまう」
売上を作るにはセール(値下げ)をすれば簡単なのですが、値下は商品を売るための最終手段だと思っています。
値下で売上を伸ばすことは誰にでもできます。
その最終手段ばかり使って売上を伸ばすのは本当の実力ではありません。
と、私は思っています。

「歩合給が欲しいので担当者がヤフオクに出品するために社内で商品の奪い合いをしていた」という話も聞いたことあります(笑)

今現在は歩合はなくなっていますが、売上目標は存在します。
その目標額は「このくらい売上がないと会社は非常にまずい」のという額のように感じます。

仕入れ商品でほぼ決まる

どんなに良い商品ページを作っても、売れるか否かは商品によって決まります。
私は何千もの商品ページを作ってきましたが、大抵の場合は誰も求めていない商品のページを作りこんでも売れません。
多少は売れるようになると思うのですが、売れているとは言い難いです。

仕入れ担当(経営陣)がそのような「需要のない商品」を仕入れるため、従業員は苦労をします。
現に5年以上前の商品が未だ在庫として残っています。
セールをしても売れない、原価以下にしても売れない。
売れる商品の仕入れができないのに高い目標を設定される。
これで「歩合給」はおかしな話です。

自分だけの実力では不可

売上目標を達成したら歩合給が付く。
よく考えてみてください。

・仕入れ担当(経営陣)が売れ筋商品の在庫の補充ができていない。
・在庫処分セールをしても売れない商品ばかり。

自分で商品を仕入れて自分で商品ページを作り販売しているなら歩合給はまだ納得がいきます。
仕入れ担当(経営陣)がだらしないと歩合給なんて夢です。
※自分で仕入れて自分で売れる能力があるなら会社で働かなくてもいいような^^;

画像をパクられて他店で歩合が付く

私の主な仕事は商品撮影、画像加工、デザインです。
商品ページを作り、自分の担当店舗に出品します。

ここである問題が発生します。
他店舗の担当者は私が作った商品画像を使って楽天やアマゾンに出品します。
これは商品ページを他店でも使い回しをすることで作業の効率が良くなります。

ですが、私が作った商品ページで他店が売上目標を達成しても、私には歩合給がありません。

私が歩合給に反対していた一番の理由がコレです。
商品ページを頑張って作っても、ただの値下げで売上目標を達成された他店に歩合給がついて担当者がいい思いをする。
これはおかしな話です。

毎100万で1万の歩合

売上目標や歩合給の額はコロコロ変わります。

その内の一例として、
売上800万で歩合給+5万
以降売上+100ごとに歩合給+1万

この歩合額はまだ会社が儲かっていたときのものですね。

たまたま基本給が上がった月があったのか、
「先月から基本給を上げているので歩合金額を見直す必要があります。」

( ゚д゚)ポカーン

お金をあげたくないオーラ全開です。
こんなの言われたら私なら文句言います(笑)
というか、高めに設定した売上目標を達成されたのが予想外だったのでは(笑)

残業代出ないのに売上+100万で歩合給+1万。
究極の時間の浪費、自分のために副業したほうが稼げます。
会社で頑張っても儲けは会社に吸い取られますが、自分のために頑張ったら儲けは全て自分に帰ってきます。

と、このようにブラック企業は従業員をいいようにこき使います。

あと余談ですが、現在の会社の楽天担当のしていたことです。
売上報告を月末に提出するとします。
ですがその売上は、キャンセル分をマイナスしていない売上です。
つまり、本当の売上額ではありません。
と、社内で私だけ気づいていました

まとめ

私は1回だけ売上目標を達成したことがありますが、歩合給はお断りしました。

ネット通販会社で歩合制度のある会社は要注意です。
売上目標を高く設定して「歩合」という話で従業員を頑張らせようとしますが、1円でも目標額に届かなかったら歩合給はでません。(会社による?)

休日出勤や残業代で稼ぐ方が儲かります(笑)
しかしこの会社には残業代なんてありません。
たしか残業代は月給を時給換算して、その時給×1.25%割増です。
休日出勤も同じだったかな?

歩合は店舗担当社だけでなくアルバイトのページ作成者にも・・・
という話がありましたが、たった5000円ですw

基本給が上がったから歩合額を見直す。
目標設定が低かったら適当に経営陣が高く設定する。
自分の努力(商品ページ等)を他人に使われて歩合をゲットされる。
こんなバカな話はありません。
ですので、就職活動をしている方は、一見良さそうに見える「歩合」、よく注意してください。