毎月棚卸しをしないデメリット ブラック企業のアホな経営

ブラック企業体験談
スポンサーリンク

反面教師として是非役立ててください。

ここの会社はなんと・・・。
通販サイトを運営しているにも関わらず棚卸をしていません。
超非効率です。
いや、昔はしていたんですよ・・・。

「棚卸をしないなんて有り得ないな!」とお思いの方がたくさんいらっしゃると思います。
棚卸をしないとどうなるのか、私の経験を踏まえて書いていきたいと思います。

棚卸をしない(できない)理由

エクセルのスキル不足

以前は2~3ヶ月に1回は棚卸をするように上司が指示をしていました。
ですが今年、もう半年経ちましたが、未だ棚卸を指示していません。
月間報告書にすら棚卸のことは書かなくなりました。

ネット通販の棚卸は在庫数をチェックしてすぐにネットの在庫数を反映させるのが当たり前だと思っています。
今まで勤めてきた会社がそうでしたので。
棚卸をするために店舗をお休み(注文は受けるが発送業務を一時休止)にする会社もありました。

ですがこの会社は在庫数をチェックしてすぐに在庫を反映させる場合もあれば、1週間後や2週間後に在庫を反映させる場合もあります。
遅くて一ヶ月後とかもありましたΣ(゚д゚lll)
確実に在庫がずれます((((;゚Д゚))))
なんのための棚卸なんでしょうか?(笑)

私が上司に「棚卸表作って」と言われ、棚卸をする側在庫数を店舗にUPする側(私)の両方にとって効率の良い他卸表をエクセルで作成したところ、上司に「これいいな」と言われたことがありました。
棚卸しやすいようにカテゴリ別に商品を分けて、品番順に並べ、その他詳細をわかりやすく載せていました。

ですが、棚卸をするバイト女子が「今の棚卸使うならこの棚卸表を作った人(私)が棚卸するべき、わかりにくい、この棚卸表では私はやりません!」と言われ、私は棚卸表を作るのを辞めました。

結果どうなったと思います?
そのバイト女子が棚卸表を作ることになったのですが、「永井さんが作った棚卸表を参考にしたいのでください」と言われ、エクセルを渡しましたが、そこそこ知識が必要な高難度のエクセルだったので、バイト女子は棚卸表を作ることができませんでした。その人は「エクセルができる」ということで入社してきたのですが・・・。

そして棚卸は効率の悪い方に逆戻りしてしまいました。
棚卸をした用紙を渡され、その紙を見て私は1つ1つ手作業で在庫数を入力していきます。
私が作った棚卸表はCSVで一括更新できるので一瞬でネット在庫の反映ができます。
CSVで一括作業できない効率の悪さ、私は効率の悪い方にレベルを下げて作業をさせられました。
30分以内にできる作業を4位時間以上かけて作業をします・・・。

時間がない

常に忙しそうにしているので時間がない!という理由もあると思います。
だからといって棚卸をしないのはどうなんだろうか?
購入者のことを全く考えてない気がします。
安売りでしか購入者に満足してもらえないようになってしまってます。

欠品が続出する~クレームに繋がる

注文件数53件、欠品キャンセル13件。
もう、「なにやってるんですか」ってなります(^_^;)

私が頑張って売上を伸ばそうとしても、こういう部分で足を引っ張られます。
在庫があるのに注文を欠品キャンセルされたりもします。

欠品があるとどうなるのか。
・購入者から悪い評価が付く
・クレーム対応に追われる
・従業員のストレスが溜まり、社内で愚痴ってストレス解消
・ヤフーショッピングの場合、ある一定数の低評価がつくと商品検索を最後尾にまで落とされる

在庫管理ができなくて欠品だらけ、というのは私が入社した5年前からずっと続いており、なにも成長していません。

品番を合わせないので在庫管理ソフトを導入できない

私が入社した5年前は出品管理もできる在庫管理ソフトシステムを使っていました。
ですがこのシステムはデメリットだらけでした。
私はこのシステムの欠点を見抜いて、システムを使わずにサイトを運営したところ、売上が跳ね上がりました(゚▽゚)b

その欠点とは・・・。
⇒システムを使ってページを更新されると全店舗ページ反映されてしまう
⇒SEO対策したのに商品名が変わってしまう
⇒カテゴリ分けして商品を探しやすいようにしたのに、元のカテゴリに戻ってしまう
⇒販売価格や商品説明も変更される

簡単に言うと「仕事の妨害」です。
私が時間をかけてコツコツとやってきた作業を一瞬で消されてしまいます。

システムでページ反映する際に、反映したくない店舗はチェックマークを外すようにできるのですが、
「あ、チェックマーク外れてた」ということが何度も起こり、私の知らない間に勝手にページを変更されているということが高頻度で起きていました。

CSVでバックアップをしておく、という方法もあるのですが、いちいちそこまで(他人の妨害)気にしながら仕事なんてすることがおかしいです。

私がシステムのデメリットを見抜き、周りもこの在庫管理ソフトを使わなくなりました。

ここで問題発生。

出品担当の仕事もしている私が品番を決めて出品しているのですが、上司が品番を合わせずに勝手に単独行動でめちゃくちゃな品番を付けるようになりました。
※今現在も変わらず

ある日「ネクストエンジンを導入しよう」という話になり、その上司がネクストエンジンの担当者と話をしたところ、「品番が各店舗違うので、品番の紐づけ設定が困難」という返事をもらいました。

その後上司は在庫管理の件はほったらかして、今も在庫管理ソフトは導入出来ていません。
与えられた仕事は責任を持って最後までやれよ、と思いました。
上司にもこのことを伝えましたが・・・。
いい加減なことを許しちゃうんですね・・・。

そして次は私の方から「在庫管理システムを導入しよう」という話をし、とあるシステム会社さんが来社され、その上司を含めミーティングをしましたが、やはり品番が統一されていないと在庫管理は難しいようでした。。

私はもともと品番を合わせる重要性を知っていたのですが、上司は好き勝手やるので、もう言葉がでません。

もしシステムを導入したら、この上司いない方が効率いいです(笑)
私一人で効率よく多店舗運営できます(笑)

私が毎日在庫管理をする

私が担当している3店舗は品番を統一しているので、エクセルで簡単に在庫管理ができます。
リアルタイムで在庫管理はできないのですが、1日1回同じ時間に在庫管理をしています。
楽天も含め、やり方を説明すると・・・。
※私はヤフーメインでやっています。

エクセルで在庫管理
平日17時ちょうど
1.ヤフー→在庫CSVをDL
2.他店舗で売れた商品の品番一覧を作成、ヤフー在庫CSVから売れた商品の品番一覧の在庫数を引いて最新の在庫数にする
3.その最新在庫CSVをヤフーにUPして在庫更新
4.その最新在庫CSVを他店舗の在庫CSVに上書きして最新の在庫に更新

とこのようにしています。
品番の付け方に注意しないと、楽天側のCSVで文字化けしたりするので注意です。

これはエクセルの「&」と「vlookup」を使えば簡単にできます。
在庫1しかない商品を在庫0にして他店舗での欠品を防ぐ、ということもできます。

まだそんなに売れてないので在庫管理ソフトはいらない!という方におすすめです。

さいごに

ネット通販で在庫管理ができない!ということは決してあってはならないことです。
欠品はクレームに繋がり、クレーム対応は従業員のストレスになります。

なぜこの会社は在庫管理ができないのか。
・従業員の能力不足
・とにかく今忙しいことを優先
・身勝手な個人プレー

協調性がどうのこうの言いますが、結局私が在庫管理をしないといけない結果になります。

どうなれば改善されるのか?

・従業員の能力不足⇒勉強する
・棚卸の予定を立ててスケジュール管理をする
・身勝手な個人プレー⇒止める

私から見ると当たり前の事すぎて、もうどうしようもありません。

ということで、反面教師として学びましょう。

追記
この記事は過去に書いたものを下書き保存してまして(^^ゞ
8月に入っ「棚卸をしよう」という話になりました。

ミーティングにて・・・

上司
上司

お盆休み入る前に棚卸しよう

部下
部下

お盆休みまで5日間しかないですよ?8月末までに終わらせればいいと思います。

私

心の声「いやいや、いま注文数少ない新入荷商品もないんだからあんたたちちおしゃべりばかりしてヒマでしょ?毎日毎日なんの仕事してんの?(笑)」