倒産前の会社の特徴/前兆【ブラック企業体験談】

ネットビジネス
スポンサーリンク

結果から言うとこのブラック企業は倒産しました。
私は倒産する前に退職しました。

今日は昔私が勤めていた会社について書きます。

2003~2010年くらいの出来事です。
こんな運営は倒産する!
という事を反面教師として学んでください☆彡

腕時計とブランド品

販売していたブランド
・カシオ(CASIO)のG-SHOCK
・セイコー(SEIKO)
・シチズン(CITIZEN)
・ディーゼル(DIESEL)
・アルマーニ(ARMANI)
・ルミノックス(LUMINOX)
・スカーゲン(SKAGEN)
・ドルガバ(D&G)
・ニクソン(NIXON)
・オメガ(OMEGA)
・ブルガリ(BVLGARI)
などのブランド腕時計を販売していました。

腕時計をメインにブランドバッグやアクセサリーも仕入れていました。

このブランド品のネット販売は当時激戦区でした。
今もそうなのかな?

あとアメ村のFULLHOUSEというお店とコラボしてギャル男向け衣類の通販もしていました。
うめしゃんと益若つばさがモデルをしたりしていました。
その仕事には触れていないので詳しくは覚えていませんが(笑)
フルハウスというお店を調べましたが、今はそのお店ありませんね。

WEBチームは1店舗につき担当が1人

・楽天(mens向け)
・楽天(ladys向け)
・ヤフーショッピング
・ヤフオク
・ビッダーズ(現wowma)
・e-naショッピングモール
・本店(おちゃのこネット)
まだもう少しあったような気がしますが、思い出せませんΣ(゚д゚lll)
※撮影はプロカメラマンが担当。
※在庫管理は別の者が担当。
※受注と出荷は別のチームがします。

1店舗につき担当が1人いました。
私はヤフーショッピングを担当しました。

仕事内容は主に出品とバナー作成、特集ページの作成でした。
たったこれだけ(笑)

どんなに自分の担当店舗がヒマでも自分のモールの更新作業だけやってればいい会社でした。
仕事をサボりたい人からすると最高の職場環境ですが(笑)、私は人件費の無駄遣いだと思ってます。
ビッダーズは売れていなかったので、担当1人を付けるのは無駄です。
というのは、私は今現在ヤフーショッピング店をメインに、そこまで力を入れなくていい他2店舗を運営しているからです。

業務委託契約

私はアルバイトから入社しました。
WEB関係の仕事に就きたいと思っており、この頃から独学でいろいろ勉強していました。
ほんの数ヶ月頑張って認めたもらった結果、社員になれたーーーーー!
と思ったのですが「業務委託契約」でした。
業務委託契約って何?と思いながらもその契約で働くことにしました。
他の従業員もこの業務委託契約でした。
※業務委託⇒税務署に開業届けを提出して開業、会社からの給料は報酬として受け取る。確定申告は自分でしなければならない。

後々気付くんですが、この業務委託契約には会社側のメリットがあります。
・社員じゃないので残業代なしで働かせ放題
・社員じゃないので社会保険や厚生年金なし
・毎月契約内容を安易に変更できるので減給もできる
と、今ぱっと思いつくのはこれだけですが、他にもあるかも知れません。

給料は報酬という形で支払わます。
ぶっちゃけると、1ヶ月20万円の報酬でした。
※いろいろ契約内容に変更があり、辞職前は25万円
ですがそこから「パソコン貸出し料」として数千~数万天引きされていたのを覚えています。
なんのため?
節税対策?
知ってる人いたら教えてください(^^;)

まだ1年も働いていないし、WEBがド素人の私にとってその報酬額は嬉しい額でした(^^;)

あと、業務委託契約なのに副業をしていたら怒られます(笑)

最安値を徹底

ネット通販で利益を削って激安で販売することは危険です。
このブラック企業は利益が出ずに倒産しました。

腕時計の価格と型番が載ってあるエクセルを渡され、私は何百商品もある腕時計を毎日毎日1商品ずつ検索して最安値を調べていました。
粗利が20%以下とかザラで、5%以下とかも((((;゚Д゚))))
ですのでロイヤリティーとかその他諸々マイナスしてくとほとんど利益が残りません。
ということは人件費を支払うことができなくなってしまいます。

当時楽天での広告は高い広告を購入すればドカーンと売上が跳ね上がることがよくありました。
私は楽天をしていないので、聞いた話です(^^;)
ですが、当時100万の広告を買って売上は伸びていましたが、手元に利益が残りませんでした。
おそらく、銀行に融資を断ち切られないように、売上の実績を見せる為にしたことなのかな?
この辺は詳しくわかりません、すみません(^^;)

粗探しと減給

利益が出ないのでついに従業員に魔の手が(笑)
社長が従業員1人1人を呼び出していたので、おそらく減給の話ですね。

1回目の呼び出し
業務委託契約で報酬額20万円だった時のこと。
金額はよく覚えていいないのですが、報酬5万下げて15万円くらいにすると言われ、私はショックを受けました。
社長と話をしてもう少しなんとかならないかと・・・うーん、よく覚えていませんw

2回目の呼び出し
これは覚えています(笑)
社長に辞める話をしていたのですが「報酬30万にするわ」と引き止められました。
※うろ覚えですが、報酬50万だったかもしれません。

契約更新まで残り1ヶ月。

契約更新日の前日の夜、社長に呼び出されました。
契約更新の話かと思ったら・・・。

社長
社長

ここのリンク間違ってるよ、ホレっ!ポチポチ、何回クリックしても同じ!

粗探しされました。
そのたった1つのミスを何度も何度もしつこく言われ、

社長
社長

この報酬額無理だわ

私は思いました。
元々その報酬額に上げるつもりはなかったんだと・・・。
いつまで経っても新しい業務委託契約書を渡さないからおかしいと思ってた・・・。

次々と従業員が辞めていく

私は直ぐにこのブラック企業を辞職しました。
もちろん、他の従業員も辞めていきました。
プロカメラマンも辞めました。
なんと、重要なポジションである副社長的な存在の人も辞めました。

仕事が増えて減給されて残業時間が多い、それでやる気を出すなんてほぼ無理です。
※仕事が好きなので給料は気にしないという人もいますが(^_^;)

従業員が1年で20人くらい入れ替わっていたのを覚えています。
※カウントしてたので(笑)

まとめ

私が退職した約1年後、倒産しました。
私が思う 倒産した理由をまとめると・・・。
・超薄利多売
・人件費の無駄遣い
・従業員の減給
・仕事量が増えて残業

社長のネット通販に対する考えは、これは実際に言っていたのですが・・・。

社長
社長

仕入れてポーンと激安で売って売上を上げる、その回転率を上げる!

見事に倒産しました。

確かに現在の消費者は安くて良いものを求めているので、安くしないと売れません。
※【重要】商品によります。

結果薄利になってしまい、利益がないと従業員が苦しみます。
それが原因で会社がブラック化してしまうというのがあると思います。
資金がないと会社はグレーなことややってはいけないことに手を出します。
例えば・・・。
・労基法違反
・通販サイトでの規約違反
・他社の画像をパクって無在庫販売
・肖像権を無視して有名モデルの画像を無断使用
・ソフトが正規品ではない

楽天がそうですね。
楽天離れで業績悪化、そして罰金システムを導入。
違反で一発退店、罰金300万ってのもありましたね。
新しいシステムを導入して強制的に5000円?出店店舗から取る。
※なんのシステムだったのかは忘れました(^_^;)
チャットのシステムだったかな?

ということで、薄利多売をしている会社は重度のブラック企業であると思ってます。
ネット通販会社の面接を受ける場合は、事前にその会社の通販サイトやその他諸々チェックしておきましょう。