許されない失敗-ネット通販編-

ネットビジネス
スポンサーリンク

私は長年ネット通販の仕事をしています。

人間誰でもミスは必ずします。
私の場合は誤字脱字が多いことですΣ(゚д゚lll)
毎日ブログを書いていますが、3回~4回はチェックしています。
それでも誤字脱字を見つけてしまいます。

今回はネット通販で絶対にやってはいけないミス、ある程度許せるミスについて書いていきます。

発送間違い

これはまだ許せます。
1日に何百という発送を1ヶ月続けていたら、まぁ1件~2件は間違えるでしょう。
人間のやる作業なので完璧は無理でしょう。
あんまり発送間違いが多いと「何回同じミスしてるんだ!」ってなりますが、発送間違いが減っていれば注意してくれてるんだなと思います。

ただ、ずっとおしゃべりをしながら出荷作業をしていて、毎日ミスの連発、注意しても改善されない!となると話は別で私もだんだん許せなくなってきます。
仕事に取り組む態度も大事ですよね。

ちなみに私が自営業をしていた3年~4年は一度も発送ミスをしたことがありません( ̄ー ̄)

採寸ミス

靴や服など身に付ける商品の採寸ミスです。
これは全然許せます。
お客さんの中には神経質な人もいて、ほんの僅かな誤差でもクレームを入れる人がいます。
ただ商品が気に入らなくて返品する理由を探して言ってきてるだけだと思いますが(笑)
少しでもクレームを減らすなら「約〇cm」と記載しておきましょう。
私は必ず約を使っています。

在庫設定ミス

在庫があるのに設定している在庫はゼロ。
在庫がゼロなのに在庫切れになってない。
前者は売り逃しをしており、後者は売れるとクレームに繋がります。
このようなことを防ぐには棚卸をすれば解決します。
これはまだ許せますね。

私の会社は棚卸をしていません(笑)
在庫管理システムもありません。
よく売れた日は欠品キャンセルの嵐(笑)
クレーム対応に無駄な労力。

画像間違い

商品説明とは違う商品画像を載せていた。
私自身はこういうミスをしたことがないのですが、有りうることです。
商品画像を見て商品説明を読まないで購入するお客さんは多いですが、これは発送前にメールや電話で購入した商品が正しいかどうかの確認が直接できるのでクレームにはなりにくいです。

交換商品を間違って送る

これは最悪です。
同じ間違いを2度することになってしまい、お客さんを更に怒らせてしまいます。
店舗側のミスなので、悪いレビューを付けられてしまいます。
そのお客さんはリピーターになることはほぼないです。
送料はもちろん店舗負担、利益がなくなってしまいます。
これがSALE品だったら赤字です。
最近は配送会社の送料が高くなってきているので、発送ミスはできるだけなくしたいですね。

商品ページ全削除 (許されないミス)

これはアウトです。

実は私今働いている会社入社初日、全商品ページ削除をやってしまいました(笑)
バックアップを保存していたので大丈夫でしたが(笑)

これはYahoo!ショッピングを運営している人がやらかしやすいミスです。
ヤフーのCSVには上書き保存と項目指定があります。
この上書き保存をするとほとんど商品ページが消えてしまいます。
※CSVの内容による
CSVの内容、例えば価格を書き換えたい時は 項目指定でOKです。
新商品を追加したい時も項目指定でOK。
上書き保存を使うことはまずありません(笑)

ではもし上書き保存をしてしまい、バックアップがなかったらどうなるのか?

最初から出品のやり直しです((((;゚Д゚))))
商品が売れなくなるし、膨大な作業を最初からしなければならなくなります。

複数店舗出店で楽天のCSVとか使い回せるとそれだけでも助かります。

価格を間違える(許されないミス)

ネット通販で価格設定を間違えるととても大変なことになります。
例えば10000円で売る商品を100円にしてしまった場合。

1.注文が殺到する
私も1度だけ価格設定を間違えたことがあります。
エクセルを使って販売価格を設定していたのですが、販売価格の列に2桁の数字の情報を書き込んでしまいました。
注文が1件入り、その注文を確認すると価格設定が間違っていることに気づき
すぐに全商品在庫切れにしました。
注文は3件でストップさせることができました。
これがもし退社前だったとするとゾっとします((((;゚Д゚))))
たぶん一晩で注文数は軽く1000件越えてたと思います。

2.キャンセル処理
「この価格設定間違ってるよなー!」とわかっていて注文してくる人もいます。
価格設定ミスの注文はキャンセルor発送するしかありません。
キャンセルすると店舗レビューや商品レビューに悪い評価が一気に付きます。
購入者1人1人にメールを送ったり電話で謝罪などしなければなりません。
アカウント停止になる場合もあります。
楽天の場合は確か罰金もあります。

3.ノーキャンセルで大赤字
価格設定のミスはもちろん大赤字です。
価格ミスで販売すれば大赤字、キャンセルしたらクレームの嵐。
地獄です。

売上金の請求を忘れる(許されないミス)

最近私が勤めているブラック企業でこんなことが起きました。

上司
上司

売上金の請求をし忘れて何百万という入金が今月されない

私は「またか」と思いました。
私が覚えているだけでもう3回目です。
こんなことを許してしまう会社もどうかと思います。

売上金の入金が遅れると最悪どうなるのか。

1.仕入れができなくなる
ネット通販は商品を仕入れて利益を出して販売し、また仕入れの繰り返しです。
売上金の入金がないと仕入れをできなくなるため、販売もストップしてしまいます。

2.給料が遅れる
給料が遅れることは違法です。
従業員のクレジットカードの支払いなどもあるので、支払いが遅れてしまいます。
金融機関は「ブラックリスト」的なものがあり、支払いを滞納している人が載るらしく、
新規クレジットカードの審査や住宅ローンの審査に通らなくなってしまいます。

3.支払いを滞納する
会社もショッピングモール利用料や光熱費など払えなくなります。
ということは信用も失います。

この上司は3囘も重大なミスをしているにも関わらずクビになりません。
会社は甘やかしすぎのような気がします。

視点を変えてみると「こんなに大変なミスをしても謝って済むんだ」と従業員は思います。

まとめ

最後の2つ「許されないミス」をなくすにはどうすればいい?
それは再確認を別の人にお願いすることです。

過去に私がいたそこそこ大きな会社で経験したことですが、商品ページを作った後「チェックシート」という用紙を上司2人に渡します。
そして修正箇所をチェックシートに記入してもらい、ページを修正して完成です。
これは2重チェックなのでミスはほぼなくなります。

私が思う「こりゃダメだ」って会社もあります。
過去の記事にも書きましたが、「出品ミスって販売してしまったら罰金」です。
罰金は法的にアウトです。
その罰金が当たり前だと思っていた従業員も恐ろしいです。
ですので商品ページの確認は自分で注意してしなければなりません。

従業員の少ない会社では「今忙しいから確認作業は自分でやってくれ」という場合もあるのではないのでしょうか?
私は大切な仕事に関しては必ず上司にチェックをしてもらうようにしています。
上司のチェック後に自分でミスを見つけることもありますが(笑)

ということで、重要な仕事の確認作業は上司にもお願いしましょう。
ちなみに私は価格設定をする時は3回はチェックしてます⇒やりすぎ(笑)

自分のミスはなるべく自分で見つけて、ミスしてまったことに関しては仕事で倍返し、ミスした分をとりもどしましょう。
私の中ではそれが当たり前です(゚▽゚)

ただ、誤字脱字だけはお許し下さいm(_ _)m