ブラック企業はペットの命より仕事【ブラック企業体験談】

ブラック企業体験談
スポンサーリンク

ペットが亡くなった場合、早退は可能なのか?
驚きなことにダメという人もいます。
もし私が会社の経営者だったら全然OKなのですが(´・_・`)。

私が実際に経験したこと

私の会社は家からかなり近い場所にあります。
※自転車で往復2分

ワンちゃんが亡くなる日、朝の時点でペットのワンちゃんが苦しんでいたので心配でした。
そして仕事中に妻から連絡がありました。

「ワンちゃんが動かない」と連絡があり、私は会社を飛び出して家に帰りました。

急に家に帰るかもしれない!このことは事前に会社側に伝えてあったので了解を得てました。

帰ってすぐにワンちゃんを動物病院に連れて行ったのですが、既に死後硬直でした。

そのワンちゃんは海外留学していた時から飼っていた犬です。
私の妻は癌(現在も)で私たちは子供に恵まれず、娘のように大事に育てていました。
留学先の病院に半年ほどワンちゃんを預け、私は日本に帰国しワンちゃんを連れ帰るためにアルバイトでを貯金し、そして日本に連れ帰って一緒に暮らしてきた大事な家族です。

そして翌日。

私

14時にペット葬儀がくるので20分くらい会社抜けていいですか?

上司
上司

他の従業員も過去にペットが亡くなったんだけど、その時家に帰らせなかった、あなただけ特別にというわけには・・・

嫌な顔されました。

私

会社員をやっていたらこんなことまで他人と合わせないといけないのか…

ですので昼休憩をペット葬儀屋が来る14にずらして家に帰り、亡くなったワンちゃんと最後の別れをしました。
家に帰ることができてなかったら一生後悔していたと思います。

それにしてもブラック企業は会社の利益優先利益優先って本当に酷いですね。
利益を生み出せないのは経営者の責任と実力不足です。

なぜ早退ができないのか

先程も書きましたが、これを許してしまうと他の従業員も早退を許さなければならなくなるからです。
と言っても、私の場合は葬早退ではなく、儀屋が来るほんの20分程度会社を出る時間も許されませんでした。

もちろんこの会社には就業規則がありません。
この会社に再入社した際に就業規則を作るように上司に言いましたが、2年以上たった今でも作りません。
4回~5回ほど就業規則を作らないのか?と聞いたところ、作ってはくれませんでした。
就業規則は会社を守るために作っておいたほうがいいことも伝えましたが、やはりその都度その都度、謎の社長ルールで従業員を従わせたいのでしょう。

会社倒産の危機で一度だけ酷い就業規則(仮)をA4の紙2枚を手渡されました。

私

こんな就業規則実行したら、また私があなたにボロクソ言って揉めますよ?

この就業規則に関しては後日記事にしますね。
とっても面白い内容となっています(笑)
労働問題に詳しい弁護士の先生も「この就業規則はお粗末」と言っていました(笑)

別の社員が上司にこのように言っていました。

別の社員
別の社員

この就業規則、法的に大丈夫なんですか?

私はこう思ってます。

法的には完全アウトです(笑)

と見ておわかりのように、運営資金のないブラック企業は平気で労基法を破り、従業員の労働条件を悪くします。

あとこの会社は・・・。

雇用契約書がありません(笑)

ペットが亡くなった時の撮影について

ペット葬儀の人が来た時に「ワンちゃんの写真を撮ってもいいてすか?」と聞いたところ、撮っても大丈夫だと返事をもらいました。

ット葬儀の人が来た時に「ワンちゃんの写真を撮ってもいいてすか?」と聞いたところ、撮っても大丈夫だと返事をもらいました。

死体を撮るなんて…とお思いの方もいらっしゃると思いますが、葬儀の人は「最後の別れですので是非撮ってください」とのことでした。

ちなみに動画もOKです。

私の飼っていたワンちゃんは日本スピッツで約14年生きました。
亡くなる2日前くらいから体調が悪くなりだしました。
別れは急にやってきます。
ペットの死は悲しいです。
亡くなる日、癌を患っている妻は通院中(抗がん剤)でワンちゃんが亡くなる前に家に帰ることができませんでした。
私も仕事のため一緒にいてあげることができませんでした。

ペットを飼っていてこのブログを読んでおられる方、亡くなったときは写真を撮ってあげてください。

まとめ

ペットがなくなったのにも関わらず早退できない私が思う理由は以下のとおりです。

  • ペットが亡くなった理由で早退させたら他の従業員もそうさせないといけない
  • 代わりに仕事をできる者がいないので、早退されると困る

社長であれば、もし自分が可愛がっているペットがなくなったら直ぐに帰るでしょう。
ですが従業員は帰らせない。
ブラック企業とはこういうものです。

第一に安月給で従業員を働かせます。

ですのでブラック企業で働きたくない人は死ぬほど努力をして、自分のために自分の能力を使って稼ぐことをおすすめします。

私は今働いているブラック企業が困っていても助ける気はありません。
悪いことをすれば悪いことが帰ってくる、ということです。