ブラック企業のネット通販の裏側

知っててお得?
スポンサーリンク

私はネット通販会社のヤフーショッピングの店舗運営の仕事をしています。
過去に10回ほど職場を変えてきました。

全てブラック企業でした(笑)
ほんと、今はブラック企業しかないですね。
※ブラックという感じ方は人それぞれですが(^_^;)

どの会社もいろいろな方法でネット通販の運営をされていました。
その中で私が「こりゃ酷い!」と感じたブラック企業のネット通販の裏側を書いていきます。
はっきり言って「悪」です。
絶対にやらないようにしましょう。

  • 商品ページ中見入れ替え
  • タグカットして発送
  • 肖像権侵害
  • タバコの灰

商品ページ中見入れ替え

衣類を販売しているネット通販会社です。
たまに商品に対しての商品レビューがおかしいって感じたことないですか?
ネット通販の検索では、商品レビューの多い商品が検索上位に表示されやすいんです。
※昔の出来事なので、今現在の検索アルゴリズムは変わっているかもしれません。

それを利用して・・・。

わかりやすく説明するとこうなります。

1.このブラウス完売した!レビューが5件付いているので商品ページを消すのはもったいない!
2.よし!このブラウスの商品画像と商品説明を消して、中見を新商品のスカートのページに書き換えよう!

これで商品ページの中見の入れ替えが完了です。
スカートの商品レビューにブラウスの商品レビューが載っている状態です。
こうすることにより新商品のスカートを検索上位に載せて商品を露出できる、ということです。
買い物をするお客さん側にとって商品レビューはなんの参考にもなりません。

新規登録されたばかりの新商品は人に見られる機会が少なく、検索で上位に出てこないので、なかなか商品を露出できないんです。

例えば・・・。
フィギュアを購入したお客さんが
「とっても可愛いです!部屋に飾って一生大事にします!」という商品レビューを書きました。
商品ページの中見を入れ替えたことにより、ブランド物のメンズ下着にこのような商品レビューが書かれていたら、とっても不気味です(笑)

入れ替え前:フィギュア「とっても可愛いです!部屋に飾って一生大事にします!」
入れ替え後:メンズ下着「とっても可愛いです!部屋に飾って一生大事にします!」

((((;゚Д゚))))!?

これに近いことが、実際ありました(笑)

ですので、商品レビューを100%信用するのはやめましょう(笑)

タグカットして発送

こちらも衣類を販売しているネット通販会社です。
商品ページに「訳あり商品の為タグがカットされている場合がございます」と書いています。

その一文がどうなるのか、わかりやすく説明するとこうなります。

上司
上司

このMサイズのTシャツ売れたけど、在庫が狂ってて在庫がない!どうしよう・・・。

訳あり品やし、ページにタグがカットされている場合があるって書いてるから、この同じ色のTシャツのLサイズのタグを切り取ってサイズがわからないようにして送れば?

詐欺じゃないですか!

詐欺とは→人を騙してお金を取ること。

利益優先がこのようなことを招いています。
お客さんの事などなにも考えていません。
考えていることといえば、(安い)価格で満足してもらうことでしょうか?
私は衣類はネット通販で買わないようにしています。

話は変わりますが、自分で商品を訳あり品に仕立てて高く販売して利益を出す方法もあります。
※聞いた話です(^_^;)

つまり・・・。

この煎餅、少し割ってっから売ろう!
パッケージの記載は「訳あり煎餅!一口サイズで食べやすい!」
というように、煎餅を割ることにより訳ありとして販売可能になり、少し利益を出して販売するという方法です。

利益がどのくらいあるのか知りたいですw

肖像権侵害

こちらも衣類を販売しているネット通販会社です。
有名ブランドのモデル画像をパクって加工して商品画像を作っています。
それが普通だと思ってやっていることが恐ろしいです。
「バレなければいい」というやつです。
上司もそれを注意しないので・・・。

他社のモデル画像を使って、そのモデル画像の着ている服のカラーをフォトショップで変更したり、ロゴマークを胸元に追加したりと・・・。
私は自分で1つ1つ商品を撮影してフォトショップで加工してるんですが・・・。

昔見たことあるんですが、
「レディービアード」のツイッター画像をパクって商品写真にしている店もありました(笑)

たしか、商品は「童貞を殺すセーター」だったかな?(笑)

タバコの灰

こちらも衣類を販売しているネット通販会社です。
衣類系多い(^_^;)

タバコを吸いながら衣類の出荷作業。

( ゚д゚)ポカーン

まず倉庫に置いてある衣類にタバコのニオイが染み付きます。
そんな商品が購入者の元へ届けられます・・・。

商品を紙袋に入れる際、タバコの灰も入ってしまい、それを発送し、お客さんからクレームもきたことがあります。

まとめ

薄利多売で利益が出せない会社は、お客さんの事より自分たちのお金が大事です。

最初から激安で販売している商品は、「返品交換不可」という一文を商品ページに書きます。
激安のセール品は薄利か赤字なので、返品交換の手間(人件費)、交換送料など、激安品は手元にお金(利益)が残りません。

検品せずに最初から粗悪品を送りつけて返品不可の対応をする会社もあります。

私は激安品を買わないようにしています。
このような経験がありました。

私

商品写真は高級感があり、とても良さそうなコート。それがこの価格!安い、いいね買おう!

そして商品到着

私

なんだこの生地は・・・。写真と全然違う・・・。こんなの着て外出したら恥ずかしすぎる、捨てよう・・・。

他には・・・

私

20000mAhのスマホバッテリーが1000円!すっごいお買い得だ!購入しよう!

そして商品到着

私

あれ?すぐに充電が切れる・・・。FULL充電ができない・・・。捨てよう・・・。

その商品レビューを見ると私と同じ様な人が悪いレビューを書いていました。
「中見開けたら3000mAhだった!騙された!」

購入前に商品レビューを見るんだった・・・。

安物買いの銭失い

安物を買うのはお金を捨てるのと同じ事。
安物は大事に使わないけど、高価な物は長く大事に使う。

私がドライブレコーダーを探していた時のレビューで、
「ドラレコから煙が出た!」という商品レビューを読みました。
やっぱり安価な物はクオリティも低い。
その店でドライブレコーダーを買うのはやめました。

余談ですが、聞いた話によると、中国製のドラレコが日本で安く売られているのは、ゴミとなったドラレコの小さな部品を再利用して、新しくドラレコを作っているからだそうです。
本当なのでしょうか?
((((;゚Д゚))))

ということで、私は安価の物は買わないようにしています。

結婚記念で貰ったルイヴィトンの10万円の財布、
もう10年以上使ってますが、劣化を感じさせません。
さすがハイブランド!
だからと言ってブランド物ばかり買ったりしません(^^;)
ブランド物はこの財布しか持ってません(^^;)

でも、現代の殆どの人は激安品を求めているんですよね。

ちょっと余計な話を書きすぎましたが(^_^;)
ブラック企業のネット通販でやっている私が思う酷い事を書いてみました。

店舗を運営している人、これから開店してみようという人は絶対に真似しないようにしてください。

もちろん、こんな悪いことをしている会社はごく一部だと思っています。ネットで注文する際は店舗レビュー等も併せて確認して判断してください(^^ゞ