こんな求人には注意しよう

仕事関係
スポンサーリンク

まだ働いた経験のない高校生や大学生の方々、これから就職活動を始めるかたはブラック企業でまだ働いたことがないと思います。

今回書く内容は求人内容を見てブラック企業かどうかを見抜く方法です。
私の経験をもとに解説していきたいと思います。
少しでもブラック企業への就職を回避するお手伝いができればと思っています。

※最初はあえてブラック企業へ就職して、ブラック企業を経験するのもアリだと思っています。
⇒ブラック企業で働くメリット

某求人

【募集職種】

  1. 企画営業
  2. ■■■施設運営(GM、ディレクター)
  3. 広報、SNS運用

【待遇】

  • 正社員登用あり
  • 研修期間あり(原則3ヶ月)
  • 交通費支給(弊社規定による)
  • 勤務地は ■■■(他地域の可能性もあり)

【応募資格・スキル】

  • 18歳以上(高校生不可)
  • 採用後、できる限り早く働ける方
  • 日本語でのコミュニケーションが問題がない方
  • ■■■ に対する知識
  • 一般的なPCの操作に関する知識
  • 広報、SNS運用については女性の方を希望

【歓迎するスキル】

  • PCやデバイスに関する知識(■■■)
  • ■■■実務経験や■■■の経験
  • Microsoft office(Word、Excel、Powerpoint)
  • デザイン能力(Illustrator photoshopなど)

※ 語学スキル等ある方は履歴書にご記入ください。

求人内容はこのようになっています。
では私がブラック企業だと感じる点を書いていきます。

給料

書いていて当たり前のお給料が書かれていません。
お給料が書かれていない求人は初めて見ました。
この会社は「とりえず細かいことは面接で」等と考えているのでしょうか?

雇用形態

「社員登用あり」と書かれていますので社員での採用ではないです。
おそらくアルバイトの採用だと思います。

勤務時間

勤務時間が書いていません。
残業代はないと思います。
残業代の出ない業務委託契約にして長時間労働させる気でしょうか?

福利厚生

求人内容は法定福利厚生に関することが一切書かれていません。

  • 雇用保険
  • 健康保険
  • 介護保険
  • 労災保険
  • 厚生年金保険

アルバイトでも加入させなければならない公的な保険のメニューは「健康保険」「介護保険」「厚生年金保険」「労災保険」「雇用保険」の5つ。

アルバイトであっても、1週の所定労働時間および1月の所定労働日数が常時雇用者の「4分の3以上」であれば社会保険に加入しなければなりません。もし労働日数と労働時間が「4分の3未満」であっても、一定の条件をすべて満たす従業員は被保険者となります。

労災保険は雇用形態に関係なく、従業員を採用した際には自動的に加入。雇用保険は、「31日以上引き続き雇用されることが見込まれる場合」「1週間の所定労働時間が20時間以上の場合」という条件で採用される場合に加入します。

an report

どのような会社でも社員登用で正社員になった時の条件を前もって確認しておかなければ、社員登用時に酷い目に合います。

社員登用の注意点という記事を書いていますのでこちらも参考にしてください。
こちら

研修期間あり

「研修期間あり(原則3ヶ月)」と書かれています。
研修期間ありということは、期間中に解雇になる可能性もあります。

もっと悪い場合は「こいつできないな、でも今解雇すると人手不足なのでとりあえず研修期間を6ヶ月まで伸ばしてコキ使って解雇してやろう」です。

できる人材は「こいつできるな、研修期間少しでも安い人件費で少しでも長くコキ使ってやろう」会社もあります。

もちろん全ての会社はそうとは限りません。

研修期間中に「この会社はどう考えているのだろうか」と自分で見極めてみてください。 (^^ゞ

交通費

交通費は法定外福利厚生に当たります。
この「弊社規定による」というのが引っかかります。

なぜ引っかかるのか?
私がアルバイトから社員登用になった時の話ですが、

私

いままで交通費を支給してくれました。正社員になったら交通費はどうなるのですか?

ブラック企業
ブラック企業

正社員は交通費なんて無いよ。

これが弊社規定です。

あくまで私の会社でのケースですので、弊社規定と書かれているときは面接等で確認しておきましょう。

採用後、できる限り早く働ける方

採用後できる限り入り早く働ける方。
この一文を読んで私が感じることは「人手不足」です。

人手不足のブラック企業は採用を急ぐ傾向にあります。
面接した直後、または面接中に採用をするような会社は要注意です。

会社は慎重に人材を選んで採用しなければならないと思っています。

女性の方を希望

男女雇用均等法について詳しく調べていませんが、この「女性を希望」が気になりました。
「女性希望!」と書かれている求人は初めてみました。

例えばモデルさんの場合は「女性モデル」として求人内容を書いてもいいと思うのですが
広報とSNS運用でなぜ女性を希望するのかがイマイチわかりません。
男ばかりの職場?にアクセントとして女性を求めてるのだろうと思います。

女性を希望してる会社の求人は大体このように書きます。
「女性が活躍する職場です」

このように書かれている求人に男性が応募すると大抵不採用らしいです。
私は採用されたことありますが、殆ど女性なので職場環境が自分には合いませんでした(笑)

就活生の方はこの様な一文もチェックしてみてください(^O^)

求めるスキル

この求人は自社ホームページに載っていました。
求めるスキルが多くないですか?

  • コミュニケーション能力
  • PCの知識
  • ワード、エクセル、パワーポイント
  • デザインスキル⇒イラストレーター、フォトショップ
  • 語学(おそらく求めてる)

この中のどれだけを会社側が妥協して採用してくれるかにもよります。

某有名求人広告会社の求人入稿では「求めるスキルを書きすぎるのは応募者が来ないので良くない」とされています。

ブラック企業は1人の人間に多くのスキルや仕事量を求めすぎです。

ひとつ良い例として。

デザイン専門でやっているクリエイターに雑務をさせてはいけません!

さいごに

日本はブラック企業だらけです。
ある程度妥協しないと就職先はほぼ無いでしょう。

私は10回ほど転職しましたが、100%労基法を守ってる会社はなかったです。
2~3個程度の条件は妥協することも大事です。
私の場合、以下のことを妥協しています。

  • 残業代がでない
  • 有給休暇のルールがおかしい
  • 健康診断がない

これらの項目はある程度自分で解決できます。

残業はしないので残業代はなくても良い。
土日祝日休みなのでそこは気に入っている。
健康診断は自腹でいきます(笑)

若い20代で努力をしましょう。
利益は後からついてくるので頑張ってみましょうヽ(*´∀`)ノ
努力は自分の財産になります。
ただ、実績を作って人から認めてもらえるほどの努力をすることをおすすめします。
そして挑戦、行動です。